こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

小沢健二、11月13日に13年ぶりのオリジナル・アルバム『So kakkoii 宇宙』リリース決定。都内の湾岸エリアでライヴも開催

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2019年10月11日 15:16

小沢健二
撮影:新津保建秀

小沢健二がニュー・アルバム『So kakkoii 宇宙』を11月13日にリリースすることが決定。これに先駆けて、アルバム収録曲“彗星”が本日10月11日より各配信サイトにて先行公開されている。

新曲“彗星”はストリングスやホーンセクション、大人数のコーラスなどをフィーチャーした小沢流「ファンク交響楽」の最新型とも言えるナンバー。配信開始に合わせて連作となるティーザー映像の第1弾「ドローン見ちゃだめ、ドローン見ちゃだめ……、見るー!」も公開されており、こちらでは食堂にて撮影された本人出演のユニークな映像を観ることができる。

小沢健二『彗星』ティーザー1『ドローン見ちゃだめ、ドローン見ちゃだめ……、見るー!』

ニュー・アルバム『So kakkoii 宇宙』は、2006年発売のインストゥルメンタル・アルバム『Ecology of Everyday Life 毎日の環境学』から数えて13年ぶり、ヴォーカル入りの作品としては2002年の『Eclectic』以来17年ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム。収録曲などの全貌はまだ明かされていないが、小沢本人が全曲の作詞作曲のほか、ジャケット・デザインも担当しており、かなり濃密な内容が期待できそうだ。なお「小沢健二とSEKAI NO OWARI」名義で2017年9月に発表された“フクロウの声が聞こえる”は、小沢のみの歌唱によるオリジナル・バージョンでの収録を予定。この発表に伴い、Instagramのアカウント(@sokakkoii)もスタートしている。

さらに小沢はアルバム発売の直前となる11月11日、12日に「飛ばせ湾岸 2 nights、guitar bass drums で So kakkoii 宇宙へ」と題したライヴを実施する。11日は新木場 STUDIO COAST、12日は豊洲PiTといずれも都内の湾岸エリアにて開催。小沢は自身のTwitterで「曲、何やろう? #小沢健二 にどうぞ。『彗星』はやります。あと『失敗がいっぱい』笑。新曲です。」と予告し、ファンからのリクエストを募っている。

 

▼リリース情報
小沢健二
ニュー・アルバム
『So kakkoii 宇宙』
11月13日(水)リリース


[収録予定曲]
・流動体について
・フクロウの声が聞こえる(オリジナル・バージョン)
・アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)
・彗星
・薫る
・失敗がいっぱい
and more

■“彗星”先行配信はこちら

 

▼ライヴ情報
「小沢健二「飛ばせ湾岸 2 nights、guitar bass drums で So kakkoii 宇宙へ」」
11月11日(月)新木場 STUDIO COAST
11月12日(火)豊洲PiT

■オフィシャル先行予約:10月11日(金)19:00~10月22日(火)23:59
受付はこちら

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!

インタビュー