こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

布袋寅泰、5月29日リリースのニュー・アルバム『GUITARHYTHM Ⅵ』に高橋まこと、松井常松、マンウィズ、Corneliusら参加

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2019年05月07日 15:59

布袋寅泰、5月29日リリースのニュー・アルバム『GUITARHYTHM Ⅵ』に高橋まこと、松井常松、マンウィズ、Corneliusら参加

布袋寅泰が5月29日にリリースするニュー・アルバム『GUITARHYTHM Ⅵ』の収録曲全13曲の楽曲タイトル、参加アーティストが明らかとなった。

本作に収録される“Thanks a Lot”という楽曲には高橋まこと、松井常松がドラムとベースで参加。それぞれが個々に布袋のライヴに参加することはあったが、3人が揃ってレコーディングを行ったのはBOØWYの「LAST GIGS」以来、実に31年ぶりとなる。レコーディングはロンドンで行われ、そのときの模様を記録した貴重な映像、写真も公開された。


布袋寅泰「Thanks a Lot」 -teaser-

■布袋寅泰&高橋まこと&松井常松
布袋寅泰、5月29日リリースのニュー・アルバム『GUITARHYTHM Ⅵ』に高橋まこと、松井常松、マンウィズ、Corneliusら参加

布袋は「スタジオに3人が並び、まこっちゃんの大きなカウントから8ビートが走り出す。いつもは険しい表情の松っちゃんが寡黙なダウンストロークを刻みながら静かに微笑んでいる。懐かしい仲間と交わす音のラリーは言葉以上に心に響いた。無言ながらも聞こえてくるそれぞれの思い。31年ぶりのセッションで僕のギタースタイルの原点はこのリズム隊にあることを再確認した。“俺たちは今も何も変わらない”移りゆく時代へ送るメッセージが多くの人に届きますように。」と、盟友と共に完成させたこの楽曲の誕生を感慨深く語っている。

また、高橋と松井も以下のようにコメントしている。

 

オファーが来た時はびっくりしました。ロンドンはBOØWYでマーキークラブで演奏した以来だから、興奮で眠れませんでした。でもスタジオで3人顔を合わせたら、30年振りなのに、なんだか昨日からやってます、みたいな感覚でした。出来た音もバッチリでした。改めて布袋、松井、まことの出す音でしたね。ロンドンに呼んでくれてありがとう!「GUITARHYTHM VI」が多くの人たちに届くことを祈っています。

―― 高橋まこと

 

思えばそれぞれが違う道を歩み出してから、随分と長い時間が経過したわけですが、一緒に音を出すという作業を進めてみると、その中での時間の流れとか会話とか、変わらない部分は変わらない。不思議で感慨深い時間を共有させていただきました。紛れもない「GUITARHYTHM」の最新作なのですが「Thanks a Lot」だけは過去にタイムスリップしたような感覚に捕らわれます。過去、現在、未来という時間さえ自由に行き来してしまう「GUITARHYTHM」というシリーズはやはり唯一無二の存在なのだな、と改めて思いました。

―― 松井常松

 

そのほかにも、布袋同様日本のみならず海外での活動を精力的に展開しているアーティスト、CorneliusとMAN WITH A MISSIONがフィーチャリングで参加していることが判明。さらに、布袋とMAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnny(Gt/Vo/Raps)、Kamikaze Boy(Ba/Cho)のロンドンでのスタジオ・セッションという強力なトレーラー映像も公開された。“Give It To The Universe (feat. MAN WITH A MISSION)”のサウンドの一部も聴くことができるため、ぜひチェックしてほしい。


布袋寅泰「Give It To The Universe (feat. MAN WITH A MISSION)」 -teaser -

■布袋寅泰&Jean-Ken Johnny&Kamikaze Boy
布袋寅泰、5月29日リリースのニュー・アルバム『GUITARHYTHM Ⅵ』に高橋まこと、松井常松、マンウィズ、Corneliusら参加

■Cornelius
布袋寅泰、5月29日リリースのニュー・アルバム『GUITARHYTHM Ⅵ』に高橋まこと、松井常松、マンウィズ、Corneliusら参加

 

上記の参加アーティストのほか、視覚的な想像力をかき立てる作詞陣では、森雪之丞、岩里祐穂、いしわたり淳治、ミュージシャンでは、イギリスからはあのSADEのキーボーディスト Andrew Hale、グラミー・ウィナーのエンジニア Adrian Bushby、同じくグラミー・ウィナーのエンジニア Simon Gogerly、ベーシスト Mark Neary、セッション・ドラマー Frankie Tontoh、Steve Barney、イタリアからはプロデューサー Tommaso Colliva、アメリカからはピアニスト Mike Garson、そして日本からは、ファンにはお馴染みのギタリスト 黒田晃年、マニピュレーター 岸利至、キーボーディスト 奥野真哉など、世界各国から豪華且つ百戦錬磨のプロフェッショナルな猛者が勢揃いしている。

 

▼リリース情報
布袋寅泰
ニュー・アルバム
『GUITARHYTHM Ⅵ』
5月29日(水)リリース

■初回生産限定盤(CD+BD)
■初回生産限定盤(CD+2DVD)
■通常盤(CD)

[CD]
01. Welcome 2 G VI
02. Middle Of The End
03. Doubt
04. Shape Of Pain
05. Black Goggles
06. Give It To The Universe (feat. MAN WITH A MISSION)
07. Calling You, Calling Me
08. Thanks a Lot
09. Clone (feat. Cornelius)
10. Secret Garden
11. Freedom In The Dark
12. 202X
13. Tracker

[DVD/Blu-ray] ※初回生産限定盤のみ
2018年12月30日に大阪・オリックス劇場にて行われた「HOTEI Live In Japan 2018 ~TONIGHT I'M YOURS TOUR~」最終公演完全収録映像

■『GUITARHYTHM Ⅵ』特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/hotei/guitarhythm_vi/

■特典あり
先着で「タオルホルダー」をプレゼント!
※特典満了次第終了とさせていただきます。

商品の詳細、購入はこちら

 

▼ツアー情報
「HOTEI Live In Japan 2019 ~GUITARHYTHM Ⅵ TOUR~」
6月9日(日)神奈川 秦野市文化会館
6月15日(土)宮崎 都城市総合文化ホール
6月16日(日)鹿児島 宝山ホール
6月22日(土)山口 周南市文化会館
6月23日(日)神戸国際会館 こくさいホール
6月26日(水)新潟 南魚沼市民会館
6月29日(土)埼玉 サンシティ越谷市民ホール
6月30日(日)ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
7月6日(土)千葉 市川市文化会館
7月12日(金)神奈川 相模女子大学グリーンホール
7月15日(月・祝)富山オーバード・ホール
7月17日(水)熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール
7月18日(木)長崎ブリックホール
7月21日(日)島根県芸術文化センター「グラントワ」
7月27日(土)青森 弘前市民会館
7月28日(日)岩手 北上市文化交流センター さくらホール
8月3日(土)香川 サンポートホール高松
8月4日(日)ロームシアター京都 メインホール
8月10日(土)福島 いわき芸術文化交流館 アリオス
8月11日(日)やまぎんホール(山形県県民会館)
8月18日(日)静岡 焼津文化会館
8月23日(金)埼玉 大宮ソニックシティ
8月24日(土)愛知 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
8月29日(木)神奈川県民ホール
[チケット]
前売 8,000円

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!

インタビュー