こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

KANA-BOON、12月19日リリースのニュー・ミニ・アルバム『ネリネ』より「コエ」発掘新人映像作家とのコラボMV“春を待って”、“湯気”2作同時公開

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2018年12月14日 12:00

KANA-BOON

KANA-BOONが、12月19日にリリースするニュー・ミニ・アルバム『ネリネ』より「株式会社コエ」とのコラボレーションによるミュージック・ビデオを2作同時に公開した。

先週公開されたタイトル・トラック“ネリネ”に続き、今回は、童謡の一節を大胆に取り込みながらKANA-BOONらしく希望の一歩を歌う“春を待って”と、冬の団らんの定番である「鍋」をモチーフに切ない別れを歌う“湯気”の2曲が公開となった。


KANA-BOON「春を待って」Music Video

 


KANA-BOON「湯気」Music Video

「株式会社コエ」は、数々の国内外有名アーティストのミュージック・ビデオを手掛ける映像作家の関和亮が、グラフィック・デザイナーのユキマユコと共に設立。KANA-BOONの全国デビュー時から数々のミュージック・ビデオを手掛けてきた山岸聖太も所属するクリエイティヴ・カンパニーだ。本企画は、その「株式会社コエ」が開催した人材募集のためのオーディションで選考に残った6人が、それぞれ3人ずつASIAN KUNG-FU GENERATION、KANA-BOONのミュージック・ビデオをアーティスト公認で撮影するというもの。「若い世代を積極的にフックアップしたい」という、コエと2バンドの想いが重なり合ってのコラボレーションとなっている。

各監督からのコメントは以下のとおり。

 

■KANA-BOON “春を待って”

今回のMV制作で意識したことは、
主人公の妄想と現実部分の表現・モーショングラフィックスやグラフィックのスマート感・スマートフォン画面のリアルさです。
初めて学生の個人制作の範囲ではなく一般公開されるカナブーンさんの映像の制作に携わったことに対して
初めはワクワクと不安が入り混じり、特に不安の方が大きいような企画でした。
ですが最終的には、多くの初めてを体験した、大きな成長に繋がる機会になったと感じています。
このような機会を頂けたことに感謝しかありません。

―― 栗原航平監督

 

■KANA-BOON “湯気”

「湯気で常に眼鏡が曇っている人」のアイデアは、私自身目が悪く、
眼鏡をかけていると本当によく眼鏡が曇ることから来ています。
目まぐるしい日常の中で引き出しの片隅にしまっていた記憶を、
ほんの些細なきっかけで、突然ふと思い出すような懐古の気持ちを表現したくて撮影しました。
今日も疲れたなあって思った時に、ふと昔同じときを共有していた人のことや、
そこにいた自分、そしてその「とき」そのものを思い出して、一人一人の中にある特別なときめきやワクワクと、
静かに会話するような、そんなMVになっていればいいなと思います。湯気ダンスにもご注目ください!

―― 中山佳香監督

 

先週公開された、タイトル・トラック“ネリネ”のミュージック・ビデオは以下より。


KANA-BOON 『ネリネ』Music Video(short ver.)

 

▼リリース情報
KANA-BOON
ミニ・アルバム
『ネリネ』
12月19日(水)リリース
[Ki/oon Music]

■初回生産限定盤(CD+DVD)
■通常盤(CD)

■タワーレコードオリジナル特典あり
先着で「ステッカーシート」をプレゼント!
※ご予約済みのお客様も対象となります。
※特典満了次第終了となります。

商品の詳細、購入はこちら

 

▼ツアー情報
「KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン4 ワンマンツアー「Let's go 55 ONE-MAAN!!」」
[2018年]
12月15日(土)神奈川 Yokohama Bay Hall
12月18日(火)大阪 梅田 Shangri-La
12月19日(水)Zepp Osaka Bayside
[2019年]
1月10日(木)山口 RISING HALL
1月12日(土)福岡 DRUM LOGOS
1月13日(日)福岡 小倉 LIVE SPOT WOW!
1月17日(木)栃木 HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2
1月19日(土)新潟 LOTS
1月20日(日)金沢 EIGHT HALL
1月26日(土)鹿児島 CAPARVO HALL
1月27日(日)宮崎 WEATHER KING
1月29日(火)大分 DRUM Be-0
1月31日(木)長崎 DRUM Be-7
2月2日(土)佐賀 GEILS
2月3日(日)熊本 B.9 V1
2月8日(金)山形 ミュージック昭和 Session
2月9日(土)宮城 SENDAI GIGS
2月11日(月・祝)福島 郡山 HIPSHOT JAPAN
2月14日(木)浜松 窓枠
2月16日(土)岐阜 club-G
2月17日(日)松阪 MAX'A
2月21日(木)奈良 NEVERLAND
2月23日(土)和歌山 SHELTER
2月24日(日)滋賀 U☆STONE
3月2日(土)沖縄 ナムラホール
3月9日(土)台湾 THE WALL
[チケット]
前売 4,500円 / 当日 5,000円(D代別)
■一般発売中
※台湾公演の詳細は後日発表

■KANA-BOON 5周年 特設サイト
http://kanaboon.jp/feature/5th_anniversary

 

▼コラボレーション情報
「「コエ」オーディション × ASIAN KUNG-FU GENERATION & KANA-BOON」
“ネリネ”“春を待って”“湯気”
特設サイト:http://www.kioon.com/koe/

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!

インタビュー