こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

SISTER JET(2)

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2009年11月11日 18:00

文/土田 真弓

悪ノリが炸裂して、そのなかからいいアイデアを使った感じ

――ちなみに、今回はセルフ・プロデュースですか?

ワタル「1、2曲目は片寄(明人)さんが入ってますね」

――ということをなぜ訊いたかというと、今作はビートがとんでもなく立っていると同時に、アレンジのおもしろさにも耳が行って。シンセの使い方とか、例えば“恋してクレイジー”は……。

ワタル「堀江(博久)さんに弾いてもらったやつね」

――そうですね。この曲、実はかなりパンチが効いてるのに、ものすごくキャッチーじゃないですか。堀江さんのキーボードにプラスして、サビではミラーボールみたいにキラキラした……ちょっとエモトロニカっぽいシンセが入っていたりとか。他の曲でもエレポップ風の味付けが施されていたり、あと“さよならポケット”ではストリングスっぽいシンセも……。

ワタル「ストリングスに聴こえました? あれ、普通に聴いたら、そう聴こえないんじゃないかなって思うんだけど、そうなんです。彼のアレにも書いてあるんですよ」


――彼のアレ???

ワタル「(ジャケット上のケンスケのクレジットを指して)ドラム、コーラス、プログラミングって書いてあるの。意外とケンスケはアレンジャー気質というか、セルフ(・プロデュース)ってなった時に〈こんなん作ってきちゃった~、笑って流して〉みたいな感じで(アレンジ版を)持ってきて。“バイバイハニー”の〈テレッテッテッテッ〉みたいなところも弾いてたし、新たな一面がすごい出た、って感じがしたけど」

ケンスケ「最初はギャグでね、ストリングスだけじゃなくラッパとかまで入れてたんですけど」

ワタル「それは消した。〈要らねえよ!〉って(笑)」

サカベ「ラッパも良かったんだけど、ロックっぽくないね、って」

ケンスケ「2、3回みんなで聴いてるうちに〈これ、意外とおもしれえな〉と思って、そのまま入れちゃった」

ワタル「でも、すごい雑に入れてくるの、それを。スタジオで聴くと、リズムがまったく合ってないの。だから〈もう1回弾いて〉って言ってんのに、〈同じフレーズはもう弾けない〉とかアーティスト的なことを言うし。堀江さんがそれ言ってたのは格好良かったけどさ、お前は弾けってことだよ!」

ケンスケ「違う、違う(笑)。俺はトラックを何個も作って、こっちでこうやって弾いたらそれに合わせてそっちでも弾いて、そこに〈足りないから真ん中にもこういうのを入れよう〉とかやってるから弾けないの!」

ワタル「そうか。三部構成だ」

――勝手に話が進んでますね(笑)。

サカベ「(笑)っていうのもあれなんですよ。レコーディング中、横の部屋で遊びみたいにパッパッパッてやってたら、それがすごい良くて」

ワタル「結局、暇じゃないですか」

ケンスケ「ドラマーはね(笑)」

ワタル「ウェイティング時間が長い。リズム録っちゃって、あとかぶせって言ったらギターと歌、コーラスだから、ほとんど俺だけだし。この2人はみかん食って遊んでるぐらいしかないから、〈じゃあ、いっちゃう?〉みたいな。悪ノリが炸裂して、そのなかからいいアイデアを使ったって感じかな」

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!