こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Tonu Naissoo Trio(トヌー・ナイソー・トリオ)|これがサワノの求めるサウンドの原点。新作『THAT OLD FEELING』を澤野工房からリリース

タグ : [anoto]

掲載: 2023年01月13日 14:21

Tonu Naissoo Trio

ピアノをどう弾いたら、こんな音色になるのだろう。トヌー・ナイソーのピアノは優しく、美しく、キラッとしたメロディーがある。これがサワノの求めるサウンドの原点。

2022年秋。ひさしぶりに東京で澤野さんとお会いし、年末のコンサートや、澤野商会時代の話、好きなレコードの話をした。その時、「これ次のリリースなんやけど」と渡されたのが本作だ。トヌー・ナイソーはエストニアのベテランピアニスト。1960年代から活動し、サワノとは2005年の『ウィズ・ア・ソング・イン・マイ・ハート』以降、15年以上のつきあいとなる。前作、2017年の『1967』から約5年のリリース間隔があるものの、澤野さんいわく、2人の間には「ブレのない信頼」があるそうだ。

一方、私はジャズCDの販売に携わり20年以上が経つ。アトリエサワノの作品は、ほぼリアルタイムで聴いていて、もちろんトヌーさんの作品もすべて聴いてきた。この人のピアノは、優しく美しく、キラッとしたメロディがあっていい。例えば、Tr.01「ウドント・イット・ビー・ラヴリー?」はイントロからして、トヌーさんの世界そのものだと思う。可愛らしい三拍子のTr.06「サムタイム・アゴー」も、同様に個性が出た演奏だ。テーマが終わるとすぐベースのソロがあり、そこからはベーシストと対話のように曲が進んでいく。コルトレーンのTr.02「ネイマ」は、少し意外な選曲かとも思うが、実にメランコリックに仕上げる。最後の2曲は少しオールドな雰囲気。特にTr.08「ジーズ・フーリッシュ・シングス」のとつとつとした表現はどうだろう、引き込まれませんか?あの時聞いた「ブレのない信頼」とはどういうものか分かる気がする、とてもいい作品だと思う。

Text by 神尾 孝弥

国内盤CD

収録曲:
01. Wouldn't It Be Loverly?
02. Naima
03. I Hear a Rhapsody
04. Lazy Day
05. Invitation
06. Sometime Ago
07. Doxy
08. These Foolish Things
09. That Old Feeling

Tonu Naissoo - piano
Taavo Remmel - bass
Ahto Abner - drums

Instant Disk Audio


CDレコ