こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

6月9日(火)は〈ロックの日〉!ロックンロールと名付けられた永遠の〈ロックンロール賛歌〉をご紹介

タグ : ロックの殿堂

掲載: 2020年06月09日 10:09

ロックの日

6月9日(火)は〈ロックの日〉!
ということで、数あるロック名曲の中から、ストレートに曲名に「ロックンロール」と掲げられた、永遠のロックンロール・アンセム、愛すべきロックンロール賛歌を勝手にご紹介!

Chuck Berry「ロックンロール・ミュージック」

ロックンロールの創始者のひとりとして、世界の音楽シーンに多大な影響を与えたシンガー/ギタリスト、チャック・ベリー。黎明期のロックンロールの代名詞となっている独特なギター・リフ。ロックしてロールするサウンドの象徴である「ロックンロール・ミュージック」はビートルズもカバーしたことで有名。

 

The Velvet Underground「ロックンロール」

1965年にルー・リードとジョン・ケイルが中心となって結成されたヴェルヴェット・アンダーグラウンド。性やドラッグを取り上げた歌詞や前衛的なサウンドが後進のアーティストにも大きな影響を与え、全てのオルタナティヴ・ロックの元祖といえる彼らも「ロックンロール」という楽曲を残している。シンプルながらルー・リードの味と技が詰まった楽曲で後にストロークスもカバーした。

 

David Bowie「ロックンロールの自殺者」

★となったデヴィッド・ボウイのロック史に残る名盤にして壮大なコンセプト作品。異星より来たロックスター「ジギー・スターダスト」の物語を描いた本作のラストに収録されるのが「ロックンロールの自殺者」。ロックンロールに召され、ロックンロールに生き、ロックンロールに葬り去られたジギー・スターダストというボウイ最大のペルソナの終幕を描いたロックの名曲。

 

Led Zeppelin「ロックンロール」

レッド・ツェッペリンが1971年に発表した最高傑作の呼び声高い通算4枚目のアルバム。ハードロックとギタープレイで70年代に新たな時代を築いた彼らもまた「ロックンロール」という楽曲を残している。これもまた痛快で軽快なバンド・アンサンブルによるロックンロール・アンセムとなっている。

 

Rick Derringer「ロックンロール・フーチー・クー」

"永遠のギター小僧"による永遠のロック・アンセム「ロックンロール・フーチー・クー」収録のソロ・デビュー・アルバム。ハード・ロック、カントリー、バラードなどヴァラエティに富んだ内容を聴かせながら、ポップ感覚に溢れたアメリカン・ロックを代表する1枚。縦横無尽に弾きまくるデリンジャーのギター・プレイが堪能できる。

 

Patti Smith Group「ロックンロール・ニガー」

75年の衝撃のデビュー後、エキセントリックな詞とパフォーマンスが大絶賛され”ニューヨーク・パンクの女王”としての女王を築いていたパティ・スミス。78年に発表した3rdアルバム収録の「ロックンロール・ニガー」では黒人に対する差別用語を、体制の外側で生きる人々への肯定的な名称として再定義しようとした。ライブでハイライトとなる一曲。

 

Ramones「ロックンロール・ハイ・スクール」

1974年に米ニューヨークで結成され、キャッチーなメロディやスピーディで短い楽曲というシンプルでストレートなロックンロール・サウンドを貫き、ニューヨーク・パンクの先駆者としてロンドン・パンク・シーンに大きな影響を与えたラモーンズ。同名の青春映画も制作され、ロックを愛するティーンのバイブルでありアンセムとなった楽曲。

 

Oasis「ロックンロール・スター」

90年代の英国ロックの伝説、我らがオアシスのロック史に残る世紀のデビュー作。その冒頭を飾る「ロックンロール・スター」で、リアムは高らかに「今夜、オレはロックンロール・スターになる」と宣言する。その後、まさに最大のロック・アイコンとなったギャラガー兄弟による、出来過ぎなロックンロール・アンセム。

 

RCサクセション「ロックンロール・ショー」

キング・オブ・ロック=忌野清志郎が率いたRCサクセションも勿論日本のロックンロールを語るうえで外せないバンド。1980年4月5日、東京・九段の久保講堂にて行われた「RHAPSODY」ライヴ・レコーディングの完全実況録音盤は日本のロック史上に残る伝説のライヴ。まさにキング・オブ・ロックとなった伝説の「ロックンロール・ショー」。

 

くるり「ロックンロール」

転がり続けるロック・バンド=くるりが2004年に発表した代表曲にしてロックンロール・アンセム。ゆっくり刻むビート、繰り返される痛快なロックンロール・ギターリフ。日本語の美しさと温かさ繊細さが宿る、バンドのアンサンブルの理想形。出会いと別れ、喜びや悲しみも胸に刻み、鮮烈なロックンロールを描いた他に類を見ないロック・ナンバー。

 

▼その他まだまだあるロックンロール楽曲は下記「関連商品」をチェック!!!