こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

〈期間限定25%オフ〉LPレコード:朝比奈隆/聖フローリアンのブルックナー、チョン・キョンファ/衝撃の東京ライヴ第1夜

朝比奈隆&チョン・キョンファ

オンライン限定LP再プレス!
期間限定25%オフ!!

2016年に発売され、好評のためタワーオンラインがアンコールプレスを依頼したアナログLP2点、「朝比奈隆/聖フローリアンのブルックナー」、「チョン・キョンファ/衝撃の東京ライヴ第1夜」を2020年6月5日(金)15:00より2020年6月30日(火)23:59まで、25%オフにて販売いたします!お早めにお求めください!!
(タワーレコード)

 

朝比奈隆のブルックナー

ブルックナーの眠る聖地ザンクト・フローリアン修道院での伝説的ライヴ
「朝比奈隆聖フローリアンのブルックナー」が新マスタリングで完全収録版のLP化!
録音者平澤氏秘蔵のオリジナルマスターテープから初の完全収録で登場
初出ジャンジャン全集盤特典、ビクター盤でカットされた箇所が見事に復活

契約切れで長らく入手難であった朝比奈隆の代表盤といわれる聖フローリアン修道院での7番がアルトゥスより新マスタリングで完全復活。うれしい事に初出でのジャンジャン盤特典およびビクター盤でカットされた1楽章演奏後の沈黙と小鳥の鳴き声が聞こえた後、演奏のあまりのスケール感に打たれた聴衆が自然発生的にじわじわ拍手が湧き上がる箇所も復活。今まで文献のみで語られた伝説の拍手ですが、こうやって完全収録盤で聞きなおしてみますと、曲を知らないが故の事故的拍手などでなく、巷間語られてきたように演奏の迫真に打たれた聴衆の自然発生的拍手であったことが分かります。また終演後の感動を伝える拍手も6分!収録。また宇野功芳氏が神の恩寵と称える2楽章演奏後に奇跡的聞こえてきた5時の修道院の鐘も万全です。音質はやわらかで7秒の見事な残響が美しくオーケストラは広大になりわたります。ちなみに当日演奏会にはノヴァーク版のノヴァーク教授も臨席、「すばらしい演奏のまえには版の問題は関係ない」と名言を残し演奏を絶賛したとのエピソードも有名です。
(キングインターナショナル)

【曲目】
ブルックナー:交響曲第7番ホ長調WAB.107(ハース版)
第1楽章:ALTLP094(A面)、第2楽章:ALTLP094(B面)、
第3楽章:ALTLP095(A面)、第4楽章:ALTLP095(B面)
【演奏】
朝比奈隆(指揮)、大阪フィルハーモニー交響楽団
【録音】
1975年10月12日/ザンクト・フローリアン修道院マルモアザール(オーストリア)、ライヴ

チョン・キョンファの東京ライヴ

チョン・キョンファ
1998年衝撃の東京ライヴのLP化!

ただならぬ集中力と緊迫感さえ伝わってくる、1998年4月のチョン・キョンファの東京ライヴがLPで発売!情熱的で自由な表現でありながら、ピアニストのイタマール・ゴランと一糸乱れぬ演奏には脱帽です。アンコールを含む1夜のライヴが再現された、チョン・キョンファのライヴ史上最高の演奏がLPで堪能できます。今回LP化にあたりアナログテープを新たに作り丁寧にカッティングしております。完全限定プレス。
「人々を驚かせたのは彼女の演奏の比類なき燃焼度の高さだった。小柄な東洋の女性が強烈な存在感で舞台を支配する姿に世界が息をのんだのだった。細かいことをあれこれ言うのも愚かしいと思われるほどの、音楽が持つ根源的な力にじかに触れるような衝撃性があったのである。」(許光俊)
(キングインターナショナル)

【曲目】
チョン・キョンファ衝撃の東京ライヴ第1夜(1998年4月26日)
KKC1056(A面)
・シューベルト:ヴァイオリン・ソナタイ長調「二重奏曲」D.574Op.162
KKC1056(B面)
・シューベルト:幻想曲ハ長調D.934Op.159
KKC1057(A面&B面)
・シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調Op.121
KKC1057(B面)
・J.S.バッハ:G線上のアリアBWV1068-2
・クライスラー:愛の悲しみ
・ポルディーニ(クライスラー編):踊る人形
・ドヴォルザーク:ユモレスク
・ドビュッシー(ハイフェッツ編):美しい夕暮れ
【演奏】
チョン・キョンフ(ヴァイオリン)、イタマール・ゴラン(ピアノ)
【録音】
1998年4月26日/サントリーホール(東京)、ライヴ