こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

パーヴォ・ヤルヴィ&NHK交響楽団、諏訪内晶子『20世紀傑作選2~武満徹:管弦楽曲集』(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2019年11月27日 00:00

ヤルヴィと武満徹

パーヴォ・ヤルヴィ、ついに武満徹を振る!

2015年9月にN響首席指揮者に就任して以来、パーヴォ・ヤルヴィはN響の持つドイツ音楽演奏の伝統と高い機能性を生かせるレパートリーを中心に幅広い作品を取り上げてきました。その中で異彩を放っているのが武満徹の作品で、当アルバムは2016~18年にかけて3つのプログラムで演奏された5曲の作品を1枚にコンパイル。ヤルヴィ自身が実現を鶴首していたアルバムで、彼にとって初の日本人作曲家のレコーディングとなります。N響の武満アルバムもほぼ35年ぶりの登場となります。

アルバムは初期の「弦楽のためのレクイエム」を除き、1980~90年代の作品で構成。殊に自国の同時代作曲家を積極的に取り上げてきたヤルヴィが、その独自の感性で捉えた武満徹感が披露されています。なお「弦楽のためのレクイエム」は、この演奏の直後に実施されたヤルヴィ+N響の初のヨーロッパ・ツアーでも取り上げられ絶賛を受けました。また2曲はヴァイオリン独奏のための協奏曲的作品で、ソロをつとめるのはヤルヴィとの共演歴も長い、日本を代表する人気ヴァイオリニスト、諏訪内晶子です。
(ソニーミュージック)

【収録予定曲/曲順未定】
武満徹
1 弦楽のためのレクイエム(1957)
2 ノスタルジアーーアンドレイ・タルコフスキーの追憶にーー(1987)
3 ハウ・スロー・ザ・ウィンド(1991)
4 遠い呼び声の彼方へ!(1980)
5 ア・ウェイ・ア・ローンII(1981)

【演奏】
諏訪内晶子(ヴァイオリン)[2、4]
NHK交響楽団
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

【録音】
2017年2月22日&23日、横浜みなとみらいホールにおける「N響横浜スペシャル」でのライヴ・レコーディング(1)、2018年2月21日&22日、サントリーホールにおけるNHK交響楽団第1881回定期公演(Bプログラム)でのライヴ・レコーディング(2、4)、2016年9月14日&15日、サントリーホールでの 第1841回 定期公演 Bプログラムのライヴ・レコーディング(3、5)
DSDレコーディング