こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

椎名林檎、初のオールタイム・ベストアルバム『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』収録の新曲“浪漫と算盤 LDN ver.”元ネタとなる渋沢栄一「論語と算盤」

タグ : 書籍

掲載: 2019年11月19日 15:27

現代語訳 論語と算盤/渋沢栄一

 

新1万円札の顔、2021年 大河ドラマの主人公に決定!日本実業界の父・渋沢栄一

 実業界の父が明かす、ビジネスの秘訣
資本主義の本質を見抜き、日本実業界の礎となった渋沢栄一。経営・労働・人材育成など、利潤と道徳を調和させる経営哲学には、今なすべき指針がつまっている。

日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。「利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した『論語と算盤』は、すべての日本人が帰るべき原点である。明治期に資本主義の本質を見抜き、約四百七十社もの会社設立を成功させた彼の言葉は、指針の失われた現代にこそ響く。経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学は色あせず、未来を生きる知恵に満ちている。

目次
第1章 処世と信条
第2章 立志と学問
第3章 常識と習慣
第4章 仁義と富貴
第5章 理想と迷信
第6章 人格と修養
第7章 算盤と権利
第8章 実業と士道
第9章 教育と情誼
第10章 成敗と運命

line

■椎名林檎と宇多田ヒカルによる共作“浪漫と算盤 LDN ver.”収録『ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~』