こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

『アビイ・ロード』50周年&映画「Yesterday」公開記念!夏bot [Gt.、Vo.] (For Tracy Hyde)が選ぶザ・ビートルズセレクション

タグ : ザ・ビートルズ

掲載: 2019年09月27日 17:00

夏bot [Gt.、Vo.] (For Tracy Hyde)

 

日本が誇るオルタナ・エモ・シューゲイズバンド、For Tracy Hyde待望の3rdアルバムが到着!アイドルへの楽曲提供やアーティスト界隈からも絶大な支持を受けるGt.兼ソングライターでありバンドの中枢、夏bot.の演奏と極上のポップネスが炸裂する!今作からトリプル・ギターとなり更に<エモさ><シューゲイズ感>の強まった期待作。

 

For Tracy Hyde - 3rd Album『New Young City』Trailer

 

For Tracy Hyde - Girl's Searchlight (Official MV)

 

For Tracy Hyde - Can Little Birds Remember? (Official MV)

 

▼昨日まで、世界中の誰もが知っていたビートルズ。しかし、今日、目が覚めたら僕以外の誰も知らない─。(映画「Yesterday」より)

もし、自分がそんなあり得ない設定に陥ったときに、まず最初に聴かせたいビートルズの楽曲(アルバム)は?

『Revolver』

いちばん好きなアルバムで、ポップさと先進性・実験性のバランスが飛びぬけて素晴らしい作品です。また、現在も音楽制作で使われているプロダクション・テクニックの多くはこの作品に端を発しており、これが60年代の作品だと言われて聴かされたらきっと驚くと思います。「Tomorrow Never Knows」はあまりに早すぎたクラブ・ミュージック!

 

Tomorrow Never Knows (Remastered 2009)

 

▼50周年を迎えた『アビイ・ロード』に関する思い出は?

具体的な思い出があるわけではないのですが、 ジョージ作の「Something」と「Here Comes the Sun」はほんとうに素晴らしく、思い入れが深いです。レノン=マッカートニーによる終盤のメドレーの展開のスリリングさは言わずもがな。

 

The Beatles - Something

 

Here Comes The Sun (Remastered 2009)

 

The Beatles『アビイ・ロード』50周年記念エディション

 

▼リリース&ライヴ情報

For Tracy Hydeの3rdアルバム『New Young City』が好評発売中です。現在リリース・ツアーの終盤を迎えており、下記の通りツアー・ファイナルを開催いたします。

#FTHNYC Tour Final
2019/10/16(水)東京・渋谷WWW
w/warbear/エイプリルブルー (O.A.)
18:00開場/19:00開演
前売3000円/当日3500円(各別途1ドリンク)
https://eplus.jp/sf/detail/3042780001-P0030001P021001

オフィシャルページURL:http://fortracyhyde.com/
オフィシャルツイッターアカウント:@ForTracyHyde

 

映画『イエスタデイ』大ヒット公開中!

アカデミー賞監督ダニー・ボイルとアカデミー賞ノミネート脚本家リチャード・カーティスが贈る最新作 『イエスタデイ』。”もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまったとしたら?”という設定で、ユニークに描くドラマ作品です。
映画公式サイトはこちら