こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

〈NEXT BREAKERS JAPAN 特別篇 GIRL!!〉ネクスト ブレイカーズ ジャパン【2019年8月号】

タグ : NEXT BREAKERS

掲載: 2019年07月31日 12:00

「次にブレイクするのは彼女達だ!」今後の日本の音楽シーンを席巻するであろう、タワレコ大プッシュの注目アーティストを一挙ご紹介!

 

【NEXT BREAKERS JAPAN 8月号 特別篇 GIRL!!】
掲載アーティスト

line

琴音 - Kotone -

『変わるものなんてくだらない 正論なんてつまらない』

新潟県長岡市出身。現在17歳、高校3年生。「Eggs presents ワン!チャン!! 」グランプリ、テレビ朝日「今夜、誕生!音楽チャンプ」グランドチャンプを獲得し、2018年7月にミニアルバム「願い』をEggsレーベルよりリリース。2019年3月、注目の女子高校生シンガーソングライターとしてE.P. 『明日へ」でメジャーデビュー。「明日へ」は、高校生ならではの目線で紡ぐ楽曲 と、聴く者の魂を浄化させる唯一無二の声でアーティストとしての本物感を大きく感じさせるシンプルかつヴィンテージな作品であった。それから約5ヶ月。メジャー2作目となるシングル「今」を8月7日にリリースする。表題曲の「今」は現在17歳高校3年生の彼女自身が作詞作曲した新曲。葛藤や心の叫びをそのまま吐き出したような歌詞。そしてダイナミックなサウンドが包み込む楽曲でシンガーソングライター琴音としての新境地となっている。カップリング曲には、ツアーバンドのギタリスト&バンマスの岡田拓郎 (ex.森は生きている)が作曲、歌詞はシンガーソングライター柴田聡子が琴音に書き下ろした「飛行機」を収録している。

琴音

17歳のリアルな“今”を切り取った作品

琴音『今』

ハッとさせられる。特に歌詞には、これまでにはないトゲのようなものを感じる。温かみはあるけど、それ以上に強さや鋭さのようなものに重点を置いた曲になっている。そして、楽曲自体も大きな変化があり、いわゆるアコギ弾き語りのシンガーソングライターの枠だけでは収まりきらないスケール感となっている。
メーカー特典:クリアファイル

この商品を店舗で取り置く

 

『今』通常盤


 

◆◆◆◆◆

 

杏沙子 - Asako -

『ポップスの王道を走り抜ける次世代シンガー』

鳥取県出身のシンガーソングライターでもあるが、提供曲やカヴァーも歌う。幼少時に母親が運転する車の中で聴いた松田聖子に憧れて「歌う人になりたい」と夢見たのが彼女の原点だ。首都圏の大学に進学し、曲作りとライブ活動を開始。MVがYouTubeで450万回以上再生される(当時)などの実績を携え、昨年7月にミニアルバム「花火の魔法」でデビュー。 今年2月のフルアルバム『フェルマータ』は各音楽メディアで高く評価された。ストーリーテリングと比喩に優れ、響きにもこだわった歌詞は知的でセンスがよく、対照的に身体性が強いワイルドなメロディも魅力満点。一曲ごとに物語の主人公を演じるような歌唱も見事で、鋭い高音、ファットで温かい中低音の両方が力を宿す。「アップルティー」がJTBのCMに、「ケチャップチャップ」が“NHKみんなのうた(2019年4-5月)”に起用されるなど着実に大舞台へと歩を進めており、いま最も将来を嘱望される若手のひとりといえる。

杏沙子

夢を追う人の背中を押す杏沙子の“ファースト”シングル

杏沙子『ファーストフライト』

“ドラマL「ランウェイ24」(ABCテレビ)”主題歌に起用された初シングル。朝日奈彩演じる主人公の女性パイロットをイメージして書き下ろした。「夢を追う」 というテーマを自らに重ね、自問自答を交えたことで、多くの「夢を追う人」の背中を押す歌になった。
タワーレコードオリジナル特典:ポストカード

この商品を店舗で取り置く

 

『ファーストフライト』通常盤


 

 

▼NEXT BREAKERS JAPAN 関連記事

〈NEXT BREAKERS JAPAN〉ネクスト ブレイカーズ ジャパン【2019年7月号】

「次にブレイクするのは誰だ!」今後の日本の音楽シーンを席巻するであろう、タワレコ大プッシュの注目アーティストを一挙ご紹介!
(2019/07/17)

〈NEXT BREAKERS JAPAN〉ネクスト ブレイカーズ ジャパン【2019年5月号】

「次にブレイクするのは誰だ!」今後の日本の音楽シーンを席巻するであろう、タワレコ大プッシュの注目アーティストを一挙ご紹介!
(2019/05/27)