こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

WONK(ウォンク)5曲入りEP『Moon Dance』7月31日リリース

タグ : J-JAZZ

掲載: 2019年06月25日 11:09

WONK(ウォンク)EP『Moon Dance』

東京を拠点に活動する4人組バンド「WONK」。メンバーそれぞれがソウル、ジャズ、ヒップホップ、ロックのフィールドで活動するプレイヤー/プロデューサー/エンジニアという異色なバンドであり、堀込泰行、土岐麻子、m-flo、唾奇、IO、呂布、冨田ラボ、King Gnuなど、ジャンルや世代を超えた多くのアーティストへ楽曲提供・リミックス・演奏参加してきた。

5月29日新作シングル「Orange Mug」をリリースしたWONK、7月31日には、5曲入りEP「Moon Dance」をリリース。このEPについてWONKのリーダー荒田 洸(Dr.)は「これまでのWONK作品で最もコンセプチュアルな作品であり、今作は1つのストーリーの序章的な立ち位置になっています。楽曲内容はもちろん、歌詞やアートワークのひとつひとつにも意味を込めたので、皆さんの自由な解釈で楽しんで欲しいです」とコメントをしている。

EPジャケット、アーティストビジュアルはKing GnuやTempalayを手がけるクリエイティブレーベル「PERIMETRON」が担当。

EP「Moon Dance」のリリースに伴い、全国ツアーが開催決定。東京/福岡/仙台/大阪/札幌の5都市で、サポートメンバーを大幅に増やした新編成でのライブパフォーマンスを披露する。

 

【収録曲】
01.Blue Moon
02.Orange Mug
03.Sweeter, More Bitter
04.Mad Puppet
05.Phantom Lane

 

荒田洸 / Persona.

WONKのリーダー/ドラマー:荒田洸の初となるソロ作品。今作では自身初となるボーカルも務め、Daniel CaesarやFrank Oceanを思わせるスウィートで深みのある歌声で現行のJ-R&Bの一歩先を行くチルなアンビエントR&Bを展開。また演奏陣には、ジム・ホールやロン・カーターに学びジャズ界を牽引し続けるギタリスト井上智をはじめ、菅田将暉のサポートでも知られるベーシスト越智俊介、唾奇などとの客演でも知られるシンガーkiki vivi lily、レーベルメイトの安藤康平といった今まさに旬のアーティスト達がバックを固め、幻想的でいて芯の通った世界観と何度も聴ける耳触りの良い本格サウンドを作り上げている。

 

MELRAW / Pilgrim

カマシ・ワシントン、テラス・マーティンに続く最重要サウンド!衝撃のエイリアン・プロジェクト「MELRAW」!4人組エクスペリメンタル・ソウルバンド、WONKのサポートメンバーとしても知られ、その音楽的貢献度から「5人目のWONK」との呼び声も高いマルチプレイヤー 安藤康平が主導するニュープロジェクト「MELRAW」ファースト・アルバム。吉田沙良(ものんくる)、Kento NAGATSUKA(WONK)、DyyPRIDE、呂布 from.KANDYTOWN、Matzuda Hiromu、宮川純、石若駿など豪華メンバーが参加!