こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Michael Schenker Fest(マイケル・シェンカー・フェスト)、セカンド・アルバムが登場

日本盤のみLOUDNESS高崎晃がゲスト参加した“ザ・ビースト・イン・ザ・シャドウズ”をボーナス収録!

Michael Schenker Fest

ゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、ロビン・マッコーリー、ドゥギー・ホワイト。 MSG、そしてテンプル・オブ・ロックのヴォーカリストたちが集結したマイケル・シェンカー・フェストは、まさにマイケル・シェンカーという類まれなるアーティストの集大成だ。ライヴ・プロジェクトとして始動したが、18年には『レザレクション』でアルバム・デビュー。大きな話題となったのも記憶に新しい。16年8月、LOUD PARK 2017のヘッドライナー、そして2018年9月と、すでに3回の来日を果たしている彼らの雄姿は、多くのファンの目に焼き付いていることだろう。そしてこのたび、早くもセカンド・アルバム、『レヴェレイション』がリリースされることとなった。デビュー作から1年ちょっと。その創作意欲には脱帽するしかない。

今回のコンセプトはマイケルの身に起こったこと、そして現在起こっていること。つまり、彼の人生そのものについて。アルバム・タイトルの「レヴェレイション」とは、「啓示」の意。すなわち、「神あるいは超越的存在が、人間の力では認識できない秘密を示すこと」である。生ける神であるマイケルのアルバム・タイトルとして、これほどふさわしいものが他にあろうか。実際、『レヴェレイション』は神の啓示以外の何ものでもない。「全シンガーからの素晴らしいインプットのおかげで、さらに良い作品になったよ。これ以上はないというくらいにね」というマイケルの発言からも、その仕上がりへの絶対の自信がうかがえる。「曲はエネルギーに溢れていてメロディック。シンガーたちの魂の歌唱が聞ける」という彼の言葉に偽りはない。

本アルバムの製作中、マイケル・シェンカー・フェストは悲劇に見舞われている。2019年1月、ドラマーのテッド・マッケンナが急逝。『レヴェレイション』は、そんな悲しみを乗り越えて作られたアルバムでもある。テッドの遺志を継いでいるのは、サイモン・フィリップスとボド・ショップの2名。前者はマイケル・シェンカー・グループのデビュー・アルバムに、後者は『パーフェクト・タイミング』や『セイヴ・ユアセルフ』に参加した、いずれもマイケルと縁の深いドラマーである。本アルバムでは主にサイモンがプレイしている。

今回は、4人のヴォーカリストに加え、レインボーや若井望率いるDESTINIAで活躍するロニー・ロメロもゲスト参加。そして、本作の目玉とも言えるのが、LOUDNESSの高崎晃がゲスト参加した日本盤限定ボーナストラック「ザ・ビースト・イン・ザ・シャドウズ」だ。東西のギター・ヒーローがソロ・バトルは繰り広げるのだから、HR/HM史上に残る事件である。世界中のHR/HMフリーク達が、血眼になって日本盤を探し求めること間違いなし。日本盤のみのボーナストラックとして、LOUD PARK 17で収録されたライヴ・トラック2曲も収録。

明るくポップなものからハードなロック・チューン、そしてもちろんお家芸の哀愁たっぷりのメロディ、ハーモニーあふれる美しいナンバー。名ヴォーカリストたちによる絶唱。マイケルの魂あふれるプレイ。『レヴェレイション』は、ファンが求めるものをすべて持ち合わせた傑作に仕上がっている。HR/HMのアルバムに、これ以上何を求めようか。HR/HMファンならば、これを聞き逃す手はない。

マイケル・シェンカー・フェスト、初スタジオ・アルバム『レザレクション』&最新2枚組ベスト・アルバム>>>

 

【メンバー】
マイケル・シェンカー (ギター)
ゲイリー・バーデン (ヴォーカル)
グラハム・ボネット (ヴォーカル)
ロビン・マッコーリー (ヴォーカル)
ドゥギー・ホワイト (ヴォーカル)
クリス・グレン (ベース)
サイモン・フィリップス (ドラムス)
ボド・ショップ (ドラムス)
スティーヴ・マン (ギター/キーボード)
ロニー・ロメロ(ゲスト・ヴォーカル/レインボー, DESTINIA)

 

HARD ROCK/HEAVY METAL

KISS日本酒