こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Tobias Wilden(トビアス・ヴィルデン)珠玉のギターアルバム『In Transit』

掲載: 2019年04月12日 16:57

Tobias Wilden(トビアス・ヴィルデン)アルバム『In Transit』

『A Path To Open Air …』(2014)がロングセラーを続ける、北ドイツの音楽家トビアス・ヴィルデンのアコースティック・ギターによるソロ・ギター作品。都会の雑踏の中に見つけ出した何気ない煌めきや、繊細な美しさと詩的な響きに心奪われる珠玉のギターアルバム。

2018年、初のジャパン・ツアーを成功させたドイツ人音楽家トビアス・ヴィルデンが2014年にbandcampで発表したソロ・アコースティック・ギターアルバムを初CD化!彼の作品に共通する「旅」をテーマにしながらもこのアルバムでは「都会」にフォーカスを当て、都会の人々と空間の関係性からインスパイアされた楽曲たち。トビアスならではの視点で都会の雑踏の中に見つけ出した何気ない美しさを閉じ込められた珠玉のアコースティック・アルバム。日本盤CDは4曲のボーナストラックを追加収録し、アートワークも新たなものをトビアス本人がデザインしました。

「『In Transit』はスチール弦のアコースティックギター1本で作ったソロ・ギターアルバムです。このアルバムもこれまでの作品同様、たくさんの旅からインスパイアされたものなのですが、今回は「都会」をテーマにしています。薄暗い路地や屋根の上にかかった朝靄など、都市生活の日常場面で出くわしたシーンが曲自体の主題になっていて、新しい場所への希望に満ちた到着(M-1「Horizon」)から始まり、都市生活からの自由な出発(M-13「Exit(The Flight)」)で終わる小さな物語になっています。都市環境の道標や、都会の空間と人々が築き上げた関係性の記録の中にあるいろいろなこと。作曲は数種類の異なるオルタネイト・チューニングを用いて、これまでのアンビエント的なアプローチを残しました。しかし過去の作品よりも少しテンポが早く、よりダイナミックなアルバムになりました。」(Tobias Wilden)

 

【収録曲】
1. Horizons
2. Transparent City 3. New Eyes
4. Portrait In The Dark
5. Endless Streets
6. Compass
7. In Transit ? Part 1
8. In Transit ? Part 2
9. Turning Point
10. Flashback
11. Through the Haze
12. Neon Desert
13. Exit (The Flight)
14. On The Edge *
15. The Night Cafe *
16. Return In Winter *
17. Intentions *
*Bonus Tracks for Japan Only

 

【Tobias Wilden / トビアス・ヴィルデン】

Tobias Wilden(トビアス・ヴィルデン)

北ドイツ沿岸のブレマーハーフェンに住む、若き音楽家。独学で学んだギターとピアノの楽曲をBandcampやSoundcloudで発表しているインターネット世代のアーティスト。フォークからニューエイジ、さらにクラシックや現代音楽など、幅広い音楽から影響を受けたという本アーティストの演奏スタイルは、旋律が複雑に入り組むテクニカルな印象がありつつも、メロディーやテクスチャーはとてもやさしく親しみやすく、また音の共鳴や空間的な広がりを大切にするようなアンビエント的なアプローチも探求するとてもユニークなもの。彼がBandcampで発表した作品を日本企画盤としてCD化したギターアルバム『A Path To Open Air / Minute Maps』(2014)とピアノアルバム『Artifacts / Scenes ? Piano Works』(2016)は現在もロングセラー中。2018年10月には初のジャパンツアーを成功させた。