こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

鬼才ティム・バートン監督関連作品特集

タグ : 映画 勝手に!?映画祭

掲載: 2019年03月28日 15:00


© 2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 


世界中でカルト的人気を誇る映画監督、鬼才ティム・バートン。2019年3月より公開される新作映画『ダンボ』はディズニーアニメーション映画の名作の実写化とあって、ますます注目を浴びる存在となっている。


・『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(2017年2月3日日本公開)
時を超えた驚くべき冒険が待ち受けるファンタジー・アドベンチャー。ティム・バートン史上、最も奇妙。



・『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016年7月1日日本公開)
ティム・バートン監督が「不思議の国のアリス」をもとに描いた大ヒットファンタジー「アリス・イン・ワンダーランド」の続編。





・『チャーリーとチョコレート工場』(2005年9月10日日本公開)
ジョニー・デップ×ティム・バートン。最強タッグが贈るファンタジー・アドベンチャーの傑作。



・『ビッグ・フィッシュ』(2004年5月15日日本公開)
死期の近づく老いた父エドワードの看病に里帰りしたウィル。父の得意なホラ話ではなく本当の話を聞きたいというウィルに、父は若き日に巨人と旅に出た話を語るのだが。ティム・バートン監督がダニエル・ウォレスの同名小説を映画化。



・『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1994年10月15日日本公開)
クリスマスの国に憧れるハロウィンの王様ジャック、彼に密かに想いを寄せるツギハギ人形のサリー、彼らを取り巻くちょっと不気味でユニークな仲間たち。



・『シザーハンズ』(1991年7月13日日本公開)
ティム・バートンの映像マジックで贈る、甘く切ない現代のおとぎ話。「パイレーツ・オブ・カリビアン」「フロム・ヘル」のジョニー・デップが、心優しい人造人間を演じている。



ティム・バートン監督関連作品はこちら