こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)新作『Begin Again(ビギン・アゲイン)』を4月12日にリリース

タグ : ポイントキャンペーン

掲載: 2019年02月22日 00:00

Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)『Begin Again(ビギン・アゲイン)』

過去グラミー賞に9回輝いた、シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、コンセプト・アルバム『ビギン・アゲイン』をリリースする事を発表した。2月22日午前0時より、プレオーダー中の今作には、ノラがWILCOのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーや、ソロ・プロジェクトのダヴマンでも活動しているトーマス・バートレットとのコラボレーションにより、昨年レコーディングを行なった色とりどりの7曲が収録される。CD、デジタル配信以外に、アナログでの発売も予定されている。2月22日から先行配信された新曲「ジャスト・ア・リトル・ビット」は、ノラ自身のプロデュースで、彼女のヴォーカル、ピアノ、オルガンの他に、ブライアン・ブレイドのドラム、クリストファー・トーマスのベース、デイヴ・ガイのトランペット、レオン・マイケルズのテナー・サックスが堪能できる。

2016年にアルバム『デイ・ブレイクス』のリリース後、長期に渡るプロモーション、そしてアルバムを引っさげてワールド・ツアーを行なったノラだったが、昨年、ひっそりとスタジオに入り、“songofthemoment”(ソング・オブ・ザ・モーメント) というコンセプトの基、何のプレッシャーもジャンルの境界線も持たずに、ただクリエイティヴな道に没頭して音楽を作れるという純粋な喜びを楽しみながら、友人達とほぼ全て即興というセッションを行ない、配信にて4曲リリース。なお、この4曲は今作品『ビギン・アゲイン』に初CD化として収録される。

昨年夏からノラがソング・オブ・ザ・モーメント・シリーズでリリースしてきたシングル楽曲達(1,3,4,6)は、魅惑的なエレクトロニック・サウンド、厳格なアコースティック・フォーク・バラード、オルガンとホーン満載のソウル・ソングまで、様々なジャンルを網羅してきた曲達と、2月22日から配信開始となった「ジャスト・ア・リトル・ビット」を含めて3曲の未発表曲(2,5,7)を追加した内容となっている。今作『ビギン・アゲイン』はノラのクリエイティヴィティを色々な角度から撮影した7枚のスナップ写真のような作品である。

※特典は終了しました。
【特典】先着:ポストカード

 

【収録曲】
1. マイ・ハート・イズ・フル / My Heart is Full (Written by Norah Jones and Thomas Bartlett)
2. ビギン・アゲイン / Begin Again (Written by Norah Jones and Emily Fiskio)
3. イット・ワズ・ユー / It Was You (Written by Norah Jones)
4. ア・ソング・ウィズ・ノー・ネーム / A Song with No Name (Written by Norah Jones and Jeff Tweedy)
5. アッオゥ / Uh Oh (Written by Norah Jones and Thomas Bartlett)
6. ウインタータイム / Wintertime (Written by Norah Jones and Jeff Tweedy)
7. ジャスト・ア・リトル・ビット / Just a Little Bit (Written by Norah Jones, Sarah Oda, Brian Blade, and Christopher Thomas)

 

ライヴ・アット・ロニー・スコッツ

ノラ・ジョーンズが2017年9月25日と26日に行ったイギリスの名門ジャズ・クラブ=ロニー・スコッツで実施したライヴを収録したライヴ映像作品。『デイ・ブレイクス』の収録曲を中心にしつつもキャリアのヒット曲を網羅し、ドラマーのブライアン・ブレイド、ベースのクリス・トーマスというジャズ界のトップ・ミュージシャンとともにジャズ色の濃いアレンジでパフォーマンス。

 

マイ・ブルーベリー・ナイツ

ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ共演。極上のスイーツのような、誰もが幸せになれる最高のラブストーリーがお求めやすい価格で登場!

 

Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)

Photo Credit:Clay Patrick McBride