こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Future(フューチャー)約2年ぶりにして通算7作目となるスタジオアルバム『The WIZRD』

タグ : ラップ/ヒップホップ

掲載: 2019年01月28日 14:34

Future(フューチャー)アルバム『The WIZRD』

自身のアルバムは過去4作連続で全米1位を獲得!現ラップシーンの牽引者=Future(フューチャー)約2年ぶりにして通算7作目となるスタジオアルバムをリリース。

米ジョージア州アトランタ出身、現在までに通算5枚のアルバムとミックステープで全米アルバムチャート1位を獲得し、全米で絶大な人気と影響力を誇るラッパー/プロデューサー=Future(フューチャー)。Organized Noise、Outkast、Goodie Mobなどから構成される、サウスHip Hopシーンを代表するクルー、Dungeon Familyの一員としてラッパーとしてのキャリアを磨き、2012年にT.I.とコラボした「Magic」が大ヒット。同年メジャーデビューアルバムにして、全米アルバムチャートにて初登場8位を記録した『Pluto』をリリース。その後、快進撃が続き『DS2』(2015年)、『EVOL』(2016年)で2作連続全米制覇を記録。自身のフルアルバムの他にもDarkeとのコラボミックステープ『What a Time to be Alive』でも全米1位を記録、2017年には『FUTURE』、『HNDRXX』2作の全米制覇を得て、5作連続の全米1位を記録した。2018年には、名ブラック・ムービーの現代アップデート版『SUPERFLY』のサウンドトラックを全面プロデュースし、大きな話題となった。

今作はソロ名義スタジオアルバムとしては約2年ぶり、通算7作目となるスタジオアルバムとなり、プロデューサー陣に808 Mafia、ATL Jacob、Wheezy、Tay Keith、客演陣にYoung Thug、Gunna、Travis Scottという今最もホットなプロデューサー/ラッパーを迎えた1作だ。またFutureのキャリア初期の映像や楽曲制作シーン、現代シーンに与えた影響などに焦点をあてたドキュメンタリーも公開されており、現Hip Hopシーンに多大な影響を与えてきた新たなFutureの幕開けを飾るに相応しい作品となっている。

 

【収録曲】
1. Never Stop
2. Jumpin on a Jet
3. Rocket Ship
4. Temptation
5. Crushed Up
6. F&N
7. Call the Coroner
8. Talk Shit Like a Preacher
9. Promise U That
10. Stick to the Models
11. Overdose
12. Krazy but True
13. Servin Killa Kam
14. Baptiize
15. Unicorn Purp
16. Goin Dummi
17. First Off
18. Faceshot
19. Ain't Coming Back
20. Tricks on Me

 

Superfly

1972年に公開された映画『Super Fly』の2018年アップデート版をFutureが全面監修。Futureは映画の共同プロデューサーの一人としてもクレジットされ、Kendrick Lamarがサウンドトラックを手掛けたことでも話題となった大ヒット映画『Black Panther』に続く、注目のサウンドトラック界への参加となる。

 

タワレコ限定HIPHOPコンピ

新世代のヒップホップ・ウェブサイト=HIP HOP DNAがキュレートした初のオフィシャル・ミックスCDがタワーレコード限定発売。収録曲は2018年フジロックを沸かせたケンドリック・ラマーの「DNA.」、同じくフジロックのステージに立ったポスト・マローンの大ヒット曲「Rockstar」、配信限定でリリースされ米ビルボードHOT100で最高位3位を記録したジュース・ワールド「Lucid Dreams」、ケンドリック・ラマーと並び現行ヒップホップ・シーンの象徴ミーゴス「Stir Fry」など話題作や人気曲が満載!ミックスを手掛けるのは世界的DJたちからも高い評価を受けるDJ IKU!