こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

The Cinematic Orchestra(ザ・シネマティック・オーケストラ)12年振りの最新アルバム『To Believe』が完成

タグ : クラブ/テクノ

掲載: 2019年01月23日 15:13

The Cinematic Orchestra(ザ・シネマティック・オーケストラ)アルバム『To Believe』

偉大な芸術は時代を超えて永遠に生き続ける。
大事なのは共鳴する音楽を作ること。
- Jason Swinscoe

その名の通り、映画的で壮大なサウンドスケープを繰り広げるザ・シネマティック・オーケストラ(以下TCO)が、実に12年振りとなる最新スタジオ・アルバム『To Believe』を3月15日にリリースし、翌4月には初のホールコンサートツアーを行うことを発表。

アルバムに先駆けて2016年にリリースされた表題曲「To Believe」では、ジェイムズ・ブレイクの新作『Assume Form』への参加も話題のシンガー、モーゼス・サムニーをフィーチャー。その憂いを帯びた歌声を繊細なストリングスが彩っているが、本作のストリングスを手掛けたのは、フライング・ロータスやカマシ・ワシントンなどの作品を手掛けてきたLAシーンのキーパーソン、ミゲル・アトウッド・ファーガソン。ミゲルの他にも、ドリアン・コンセプト、サンダーキャットのバンドメンバー、デニス・ハムなど、いま注目を集めているレーベル〈Brainfeeder〉関係のアーティストが参加しているのも見逃せない。さらにジャイルス・ピーターソンが絶賛するロンドンの女性シンガー、タウィアをはじめ、グレイ・レヴァレンドやハイディ・ヴォーゲルといったTCO作品に欠かせないシンガーたちも参加。ミックス・エンジニアには、アデル、デヴィッド・ボウイ、U2、ベック、フランク・オーシャンら錚々たるアーティストたちの作品を手掛け、グラミー賞も受賞している屈指の名エンジニア、トム・エルムハーストを起用。アートワークは、ザ・デザイナーズ・リパブリックが手がけている。『Ma Fleur』の世界をさらに深化させ、透徹した美意識に貫かれた本作は、今年でデビュー20周年を迎えた彼らの集大成ともいえる傑作だ。

待望の新作『To Believe』は、3月15日 (金)に世界同時リリース。国内盤CDにはボーナストラック「The King's Magicians」が追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。初回生産盤はスリーヴケース付。

 

数量限定オリジナル・トートバッグ付セット

The Cinematic Orchestra(ザ・シネマティック・オーケストラ)アルバム『To Believe』

 

【タワレコ特典】先着:クリアファイル
※国内盤(品番BRC591X、BRC591TB)が対象となります。

The Cinematic Orchestra(ザ・シネマティック・オーケストラ)『To Believe』

 

【収録曲】
01. To Believe (feat. Moses Sumney)
02. A Caged Bird/Imitations of Life (feat. Roots Manuva)
03. Lessons
04. Wait for Now/Leave The World (feat. Tawiah)
05. The Workers of Art
06. Zero One/This Fantasy (feat. Grey Reverend)
07. The King's Magicians *Bonus Track for Japan
08. A Promise (feat. Heidi Vogel)