こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ドイツ・グラモフォン120周年記念CD『シェラック盤の黄金期』1912-1943

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年12月07日 00:00

DG120周年記念『シェラック盤の黄金期』

ドイツ・グラモフォン120周年記念
《シェラック盤の黄金期―アニヴァーサリー・エディション》

ドイツ・グラモフォン120周年を記念したこの『シェラック盤の黄金期』には、録音最初期1897年頃から1930年代のシェラック盤時代の録音から特に価値のあるトラックが選ばれ、ピエトロ・マスカーニの自作自演、カルーソーのライバルといわれたバリトン歌手ティッタ・ルッフォによる「私は町の何でも屋」(歌劇『セビリアの理髪師』)、伝説のヴァイオリニスト、ヴァーシャ・プシホダによるドヴォルザークとエルガー、「モーツァルトのテノール」ユリウス・パツァークのオッターヴィオのアリア(歌劇『ドン・ジョヴァンニ』)、国際的スターのルイ・アームストロング、ララ・アンデルセンによるジャズのスタンダードなどが収録されています。

全トラックがオリジナル盤からリマスタリング、CD化されました。
(ユニバーサルミュージック/IMS)

シェラック盤(シェラックとはSPレコードの材料の名称)の名盤にどっぷりと浸かっている筆者の個人的おすすめトラックは…

4) マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲
【演奏】ピエトロ・マスカーニ(指揮)シュターツカペレ・ベルリン 【録音】1927年、ベルリン
これだけ雰囲気豊かで情熱的でロマンティックな名演奏は、他に決して聴くことができません!

10) レーガー:素朴な歌Op.76より「マリアの子守歌」
【演奏】エルナ・ベルガー(ソプラノ)【録音】1935年、ベルリン
世代を超えた最高のコロラトゥーラ・ソプラノ、ベルガーの可憐でいて力強い美声をお楽しみください!

11) ドヴォルザーク:ユーモレスク変ト長調Op.101 No.7
【演奏】ヴァーシャ・プシホダ(ヴァイオリン)【録音】1929年、ドイツ
チェコの一世一代の名手、プシホダの甘美な音色と陶酔的な節回しに悩殺されること請け合いです!
(タワーレコ―ド 商品本部 板倉重雄)

【曲目】
[クラシック]
1) マスカーニ:歌劇『仮面』より序曲(抜粋)
[演奏]
ピエトロ・マスカーニ(指揮)
シュターツカペレ・ベルリン
[録音]
1928年、ベルリン、
2) ショパン:夜想曲第2番変ホ長調Op.9 No.2
[演奏]
ラウル・コチャルスキ(ピアノ)
[録音]
1936年、ドイツ、
3) ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』より「Alles pflegt schon langst der Ruh」
[演奏]
マリア・ミュラー(ソプラノ)、
ロベルト・ヘーガー(指揮)
ベルリン市立管弦楽団
[録音]
1943年、ベルリン、
4) マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲
[演奏]
ピエトロ・マスカーニ(指揮)
シュターツカペレ・ベルリン
[録音]
1927年、ベルリン、
5) ロッシーニ:歌劇『セビリアの理髪師』より「私は町の何でも屋」
[演奏]
ティッタ・ルッフォ(バリトン)&オーケストラ
[録音]
1912年、イタリア、
6) エルガー:愛の挨拶Op.12
[演奏]
ヴァーシャ・プシホダ(ヴァイオリン)、
オットー・A.グレーフ(ピアノ)
[録音]
1938年、ドイツ、
7) ヴェルディ:歌劇『椿姫』より「Von der Freude Blumenkranzchen」(ドイツ語歌唱)
[演奏]
アルダ・ノーニ(ソプラノ)、
アルトゥール・ローター(指揮)
ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
[録音]
1942年、ベルリン、
8) ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第1番ハ長調Op.46 No.1
[演奏]
エーリヒ・クライバー(指揮)
シュターツカペレ・ベルリン
[録音]
1929年、ベルリン、
9) J.S.バッハ:「エホバよ、われ汝に向かいて歌わん」BWV452
[演奏]
ヘルムート・ヴァルヒャ(オルガン)、
トーマス教会少年合唱団、
カール・シュトラウベ(合唱指揮)
[録音]
1927年、ベルリン、
10) レーガー:マリアの子守歌Op.76 No.52
[演奏]
エルナ・ベルガー(ソプラノ)、
ヴォルフガング・マルティン(指揮)
シュターツカペレ・ベルリン
[録音]
1935年、ベルリン、
11) ドヴォルザーク:ユモレスク変ト長調Op.101 No.7
[演奏]
ヴァーシャ・プシホダ(ヴァイオリン)、
オットー・A.グレーフ(ピアノ)
[録音]
1929年、ドイツ、
12) アダン:歌劇『ロンジュモーの郵便馬車』より「友よ、物語を聞け」(ドイツ語歌唱)
[演奏]
コロマン・フォン・パタキー(テノール)&オーケストラ
[録音]
1930年、ドイツ、
13) モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』K.527より「Folget der HeiBgeliebten」
[演奏]
ユリウス・パツァーク(テノール)&オーケストラ
[録音]
1935年、ドイツ、
14) シューベルト:アンセルモの墓でD504
[演奏]
ティアナ・レムニッツ(ソプラノ)、
ミヒャエル・ラウハイゼン(ピアノ)
[録音]
1937年、ドイツ

[軽音楽]
15) Paul Hoppe:Ein rheinisches Madchen beim rheinischen Wein
[演奏]
ハインリヒ・シュルスヌス(バリトン)、
ヨハン・ハイデンライヒ(ピアノ)
[録音]
1925年、ドイツ、
16) Denes von Buday:Ein Blumenstrau Baus Nizza
[演奏]
エルナ・ザック(ソプラノ)、
ヴァルター・シュッツェ(指揮)
オーケストラ
[録音]
1936年、ドイツ、
17) ウィリー・エンゲル=ベルガー:In The Distnt Tropics
[演奏]
ララ・アンデルセン&アンサンブル
[録音]
1942年、ドイツ、
18) ジミー・マクヒュー:明るい表通りで(抜粋)
[演奏]
ルイ・アームストロング&アンサンブル
[録音]
1934年、アメリカ、
19) オットー・ロイター:Ick wundere mir uber jarnischt mehr
[演奏]
オットー・ロイター&オーケストラ
[録音]
1927年、ドイツ、
20) フリードリヒ・シュレーダー:Man musste Klavier spielen konnen
[演奏]
ヨハンネス・ヘースタース(バリトン)&オーケストラ
[録音]
1941年、ドイツ、
21) ニック・ラロッカ:タイガー・ラグ
[演奏]
ルイ・アームストロング&アンサンブル
[録音]
1934年、アメリカ

【関連LPレコード】

シェラック盤の時代~1912 - 1936年歴史的録音

よく似た選曲ですが、上記CDに入っていない音源も収録されています!
《シェラック盤の時代~1912-1936年歴史的録音》

アルバム『シェラック盤の時代』はドイツ・グラモフォンとグーグル・アーツ・アンド・カルチャーが提携しているシェラック・プロジェクトの一環として誕生した、貴重な歴史的な録音集です。バリトン歌手ティッタ・ルッフォの初期の録音(1912年)、テノール歌手コロマン・フォン・パタキーによるモーツァルトの「いとしい人の愛のそよ風は」、作曲家ピエトロ・マスカーニ自身の指揮とシュターツカペレ・ベルリンによる有名な『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲はどちらも1927年の録音、ルイ・アームストロングの1934年の録音、そしてコロラトゥーラのソプラノ歌手エルナ・ザックにより1936年に歌われた映画音楽が収録されています。Richard Evidonによる英語の新規ライナーノーツ掲載。
(ユニバーサルミュージックIMS)

収録予定
[Side 1]
1) ロッシーニ:歌劇『セビリャの理髪師』より「私は町の何でも屋」
【演奏】ティッタ・ルッフォ(バリトン)【録音】1912年、イタリア
2) モーツァルト:『エクスルターテ・ユビラーテ』K.165より「アレルヤ」
【演奏】シグリッド・オネーギン(アルト)、ブルーノ・ザイドラー=ヴィンクラー(ピアノ)【録音】1919年、ドイツ
3) ドヴォルザーク:ユーモレスク変ト長調Op.101 No.7
【演奏】ヴァーシャ・プシホダ(ヴァイオリン)、オットー・グレーフ(ピアノ)【録音】1929年、ドイツ
4) モーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』より「いとしい人の愛のそよ風は」
【演奏】コロマン・フォン・パタキー(テノール)【録音】1927年、オーストリア
5) ショパン:夜想曲変ホ長調Op.9 No.2
【演奏】ラウル・コチャルスキ(ピアノ)【録音】1936年、ドイツ
6) レーガー:素朴な歌Op.76より「マリアの子守歌」
【演奏】エルナ・ベルガー(ソプラノ)、Woflgang Martin(指揮)シュターツカペレ・ベルリン 【録音】1935年、ベルリン
7) ワーグナー:舞台神聖祝典劇『パルジファル』より「聖金曜日の音楽」(抜粋)
【演奏】マックス・フォン・シリングス(指揮)シュターツカペレ・ベルリン 【録音】1927年、ベルリン
 [Side 2]
1) プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」
【演奏】ヘルゲ・ロスヴェンゲ(テノール)、フランツ・アルフレート・シュミット(指揮)シュターツカペレ・ベルリン 【録音】1935年、ベルリン
2) マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲
【演奏】ピエトロ・マスカーニ(指揮)シュターツカペレ・ベルリン 【録音】1927年、ベルリン
3) R.シュトラウス:セレナーデOp.17 No.2
【演奏】ユリウス・パツァーク(テノール)【録音】1931年、ドイツ
4) スメタナ:『わが祖国』より「月光―水の精の踊り」
【演奏】エーリヒ・クライバー(指揮)シュターツカペレ・ベルリン 【録音】1928年、ベルリン
5) Hoppe:Ein rheinisches M?dchen beim rheinischen Wein Op.39 No.1
【演奏】ハインリヒ・シュルスヌス(バリトン)、ヨハン・ハイデンライヒ(ピアノ)【録音】1925年、ドイツ
6) Buday:Ein Blumenstrau? Aus Nizza
【演奏】エルナ・ザック(ソプラノ)、ヴァルター・シュッツェ(指揮)シュターツカペレ・ベルリン 【録音】1936年、ベルリン
7) ペレス・フレイレ:アイ、アイ、アイ!(Serenata Criolla)
【演奏】Umberto Urbano(バリトン)、ヨハン・ハイデンライヒ(指揮)オーケストラ 【録音】1929年、チリ
8) 明るい表通りで
【演奏】ルイ・アームストロング&オーケストラ 【録音】1934年、アメリカ