こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

Teen Daze(ティーン・デイズ)の新たなエイリアスである本名Jamison Isaak(ジェイミソン・アイザック)名義でアルバム『Cycle of the Seasons』をリリース

タグ : UK/US INDIE

掲載: 2018年12月07日 10:30

Teen Daze(ティーン・デイズ)本名Jamison Isaak(ジェイミソン・アイザック)名義のアルバム『Cycle of the Seasons』

カナダはブリティッシュ・コロンビアを拠点に、活動しているJamison Isaak。Teen DazeやPacific Coliseum等として多岐にわたるエレクトロニック・ミュージック~シンセ/ドリーム・ポップへのアプローチをしてきた彼が、新たなエイリアスとして2018年から本名Jamison Isaak名義でアコースティック主体のネオ・クラシカル~静謐なアンビエントへと傾倒した活動を開始し、新たな局面を見せている。そしてそのJamison Isaak名義での作品が遂に日本でもリリース。

本作は、これまで発表した2枚のEP(『EP1』『EP2』)とカセット・リリースした作品(『Spring Patterns』)をコンパイルした日本独自リリースのアルバム。

前半の『EP1』と『EP2』からの楽曲ではJamisonによるシンプル且つ情感豊かなピアノを基調にしつつ、近年のTeen Daze作品には欠かせない存在である盟友エンジニア、Protection Island RecordingスタジオのJonathan Andersonによる、たおやかなペダル・スティールが彩りを添える。もちろん持ち前のメロディ・センスは存分に発揮されており、必要最小限の流麗な音色と残響を生かしつつ構築された、麗しく美しいサウンド。

9曲目以降は『Spring Patterns』としてリリースされた楽曲で、今年の春に自身のスタジオで録音されたギター・ループ音源。ゆるやかに紡ぎだされるリヴァービーなギター・フレーズとメロディが折り重なり、心地よく穏やかな音像を描き出していく、彩り豊かなギター・アンビエント。

Brian Eno~Goldmund等のピアノ・アンビエント~Erased Tapes周辺のネオ・クラシカル~からBibioなどのアコースティック・アンビエントまでを横断していくような内容で、そのメロディック且つアトモスフェリックなサウンドは、まるで移り変わる季節のようであり、聴き手の日常へ溶け込んでいく。

日本のみでCDリリース
正方形紙ジャケット仕様

 

【収録曲】
01. Sharalee
02. Upstairs
03. Wind
04. More
05. First
06. Us
07. Animals
08. Peace
09. Pattern 1
10. Pattern 2
11. Pattern 3
12. Pattern 4
13. Pattern 5
14. Pattern 6
15. Pattern 7
16. Pattern 8

Teen Daze(ティーン・デイズ)本名Jamison Isaak(ジェイミソン・アイザック)名義のアルバム『Cycle of the Seasons』