こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

THE CHARM PARK『Timeless Imperfections』発売記念、THE CHARM PARKが影響を受けたアルバム10選!

掲載: 2018年12月05日 12:00

THE CHARM PARK

テレビ朝日系列「関ジャム 完全燃 SHOW」で<音楽業界のクセ者が選ぶ、次来るアーティスト>として大々的に紹介され、V6、三代目 J Soul Brothers ボーカリスト登坂広臣などに楽曲提供や、大橋トリオのツアーサポートメンバーなど<新世代ポップスマエストロ>として多彩な才能で注目を集めているTHE CHARM PARK(ザ・チャーム・パーク)のメジャー1stアルバム『Timeless Imperfections』。ジャンルレスでダイナミックなサウンドに彩られた <Disc1>、情緒的で美しくオーガニックなサウンドを追求した <Disc2>が収められ、育ってきたロサンゼルスと音楽活動のためやってきた日本で過ごしてきた彼の収めきれない感性が詰まった多彩なアルバムです。

【C】Collection

THE CHARM PARK『Timeless Imperfections』発売を記念してタワーレコードオンライでは「THE CHARM PARK<TCP>にちなんだ3つのこと」を開催中!このページではTHE CHARM PARKが影響を受けたアルバム10選をご紹介します。もちろんコメントはチャームさんからいただいたものです!

Michael Jackson『History』

1996年、アメリカに移住した時初めて買ったCDです。
末っ子のあるあるで5歳上の兄貴が選んだCDを勝手に聞いたパターンですが、未だに更新されてない「King of Pop」のMichael Jacksonのベスト盤+新譜の2枚組はとても恵まれた一枚目かなと今は感謝しております。
当然ディスク1(ベスト盤)を聞いて好きになった曲のアルバムはその後それぞれ買いました。
ダンスも真似したし、モノマネもしたし、移住して馴染まない環境を少しでも癒してくれたアルバムです。
全曲おすすめです。

 

Alanis Morissette『Jagged Little Pill』

上のアルバム同じく1996年、カリフォルニアに移住する前はアメリカで割と田舎なSouth Carolina州で8ヵ月ほどいましたが、その時に買ったCD。
向こうの音楽チャンネルのVH1とMTVでミュージックビデオが凄く流れてて買ってしまいました。当時小学二年生の自分は何が良いか分からずに聴いたアルバムですが、毎年一回以上は聴く名盤です。最近聴くと歌詞も素晴らしいし、アレンジも凄く良質な90年代ロックだし、ミュージシャン達もすごいし、とにかく予想以外のコード進行に乗るメロディーが素晴らしいです。数年後にリリースされた「Jagged Little Pills Acoustic」も強くおすすめします。

 

X JAPAN『X JAPAN LIVE LIVE LIVE TOKYO DOME 1993-1996』

ギターを始めたきっかけのアルバムです。
当時兄貴の友達からミックステープ(カセットテープです)を借りてきて、一緒に聞いた時このアルバムが流れてて、激しい音楽の中心にある美しいメロディーと印象に残るギターソロが僕をギターキッズにしてしまいました。ハマった後色々聴こうと思いましたが、日本の輸入盤CDがとても高かったし、詳しく調べた結果解散するという話で落ち込んだ覚えもあります。笑
このCDでライブ盤にハマったしオリジナルと少し違う演奏をするのがかっこいいと思いました。
「WEEK END」のギターソロはこのCDのバージョンが断然一番カッコいいです。

 

Dream Theater『Falling Into Infinity』

自分で言うのもおかしいですが、ギターキッズになった後、僕の周りで自分が一番ギターを上手く弾けるようにしてくれたアルバムです。笑
中二の自分はロサンゼルスの中でも違う街に引っ越しして、3ヵ月の夏休みやることが何もなくて、ひたすらDream Theaterと様々な速弾きギタリストの曲を練習した夏でした。 Dream Theater最初に買ったアルバムはこちらではないですが、こちらのアルバムのギタートーンがとても好きです。
曲も珍しくポップです。(因みに本人達はそこまで好きじゃないアルバムらしいですが。。)

 

Copeland『In Motion』

時間は過ぎて高校生になりました。
ギターは割と弾けるようになって学校の中でも一緒にバンドも誘われたり、演奏もしたりしました。その中出会った先輩がこのアーティストのCDをくれて、最初は「ギターソロ全然ないじゃん」と思ってバッシングしましたが、Teenagerに思った寂しさなのかSub-Urbanコミュニティに住んでる僕に直球で刺さったせいなのか何回か聴いたら無茶苦茶ハマりました。
とにかく曲にある感情が誰よりも説得力あって、僕の青春のバンドです。そのころ自分の歌声もこのバンドのボーカルAaron Marshに寄せようと頑張ったりして、今も多大な影響されてます。
因みにこのアーティストを紹介してくれた先輩は自分のバンドでサポートしてくれてるMarkです。

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ファンクラブ』

2006年、しばらく日本の音楽は聴いてなかったのですが、このアルバムとこの時期の邦楽は最高でした。
バークリーに入ってルームメイトがたまたま日本系アメリカ人二人と日本人の留学生一人で一緒に暮らしました。
その時なぜか音楽より日本語の方がすごく勉強になった印象です。笑
アルバムの話に戻ると、まず「ワールド・アパート」という曲がシングルで発売されて、オリコンチャートをたまたまチェックした時一位でした。曲を聴いた時は衝撃で、「こんなカッコいい曲が一位になる国の音楽シーンはすごい!」と感動しました。自分が日本で音楽やりたくなったきっかけのアルバムですね。

 

大橋トリオ『I Got Rhythm?』

2008年、大学卒業後、ロサンゼルスの実家に帰って2年間迷ってました。音大を卒業してもすぐ仕事があるわけでもないし、会社に入るような仕事でもなかったので将来がとても不安でしたね。ギター教えながら、演奏しながら生活してましたが、主にはデモ音源をずっと作ってました。
その時色んな日本の音楽をチェックした時たまたま見つけた大橋さんの音楽は音大卒の僕と感情的の若い僕どちらにも一番ハマった音楽で、「心に刺さるミュージシャンのミュージシャン」的な衝撃を受けました。
今になって一緒に演奏も出来て作品も参加出来て、こんな面白い人生はないかと思っております。
とりあえずその迷った時期一番支えてくれたアルバムをおすすめします。

 

Coldplay『Mylo Xyloto』

来日して、バンド活動をガッツリさせて頂きました。
2014年に解散しましたが、日本来てからの4年は本当に色々勉強になったし初めての失敗などを経験させて頂きましたね。
このアルバムをおすすめする理由はその当時「こんなの超えることが出来るか?」と本気で自身を無くしたことをはっきり覚えてます。
「バンドって最高だな」と思いながらその当時のバンドが上手く続けれなかったのは今までの自分の人生の中一番悔しいことですが、その経験がないと今の自分もいないと思います。
既に咲くところまで咲いたColdplayがさらに咲くようになったアルバムで、アンセムのようなヒット曲もあれば一人で聴いたら泣いてしまう美しい曲もあります。

 

Bon Iver『Bon Iver』

音楽シーンが徐々に変わっていく中音楽を救う一人のアーティストですね。
この方のサウンドが世の中に広がってから数え切れない程のアーティストが影響されて一つのジャンルになったと言っても過言ではないです。
一枚目からしたらオーガニックやパーソナルな音のアルバムだと思いきやこのセルフタイトルアルバムは時々壮大で時々懐かしくて耳に近い音もします。
最初は耳に馴染まなかったJustin Vernonの声は今はもう自然の中の自然ですね、曲によって強く叫ぶ時が個人的にはたまらないです。

 

Radiohead『In Rainbows』

この時代一番影響を与えたバンドと言っても否定する人は少ないでしょう。自分が音楽の良さが認識出来ない頃からもCreepで爆発的に売れて。
今までもずっと新しい音楽を作ってゆく「レディオヘッド」はコレクションに入れざるを得ないバンドです。
その長いキャリアの中でもこの何年間一番自分にしっくりくる「In Rainbows」は、本当に噛めば噛むほど旨みが出るようなアルバムです。
個人的にはトラック1から最後まで聴いて「音楽っていいな」と毎回思ってしまいます。 もっと具体的に上手く説明出来ない理由はきっとこのアルバムは一つの塊で聴こえてくるからでしょう。
時間が過ぎて毎回一番好きなレディオヘッドアルバムは変わりましたし、これからも変わると思いますが、とりあえず現在の自分はこちらを。