こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

“渋谷系の女王”こと野宮真貴が渋谷系を歌うシリーズから究極ベスト盤が新録&ニューミックスで登場!

タグ : オトナタワー

掲載: 2018年10月24日 12:58

野宮真貴

"ピチカート・ファイヴ"3 代目ヴォーカリストとして、90年代に一斉を風靡した「渋谷系」ムーブメントを国内外で巻き起こし、音楽・ファッションアイコンとなった野宮真貴。
2014年の『野宮真貴、渋谷系を歌う。~Miss Maki Nomiya Sings Shibuya-kei Standards~』から、2017年暮れの最新作『野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。』までの渋谷系を歌うシリーズ全5作より"渋谷系"の代表曲をコンパイル。

参加ミュージシャンは鈴木雅之、横山 剣(クレイジーケンバンド)、村井邦彦、ムッシュかまやつ、渡辺満里奈、クレモンティーヌ、カジヒデキなど、豪華なラインナップ。

さらに世界レベルで愛され続ける渋谷系の代表曲「東京は夜の七時」がリリース25周年を記念して、ピチカート・ファイヴ解散後初となる小西康陽編曲・プロデュースによる奇跡の新録が実現。小西氏が21世紀に入って最初に好きになったという話題のロックバンド“少林兄弟”とのコラボレーションでワイルドに蘇っている。

また11月3日のレコードの日に発売される7インチ・シングル・レコード盤『東京は夜の七時 c/w ハッピー・サッド』のB面には『野宮真貴 渋谷系ソングブック』には未収録曲の「ハッピー・サッド」が収録されている。

アートワークは、今回も“渋谷系ビジュアル・マエストロ”の信藤三雄氏が担当。『野宮真貴 渋谷系ソングブック』は2018年10月31日、7インチ・シングル・レコード盤『東京は夜の七時 c/w ハッピー・サッド』は11月3日発売。

※オンラインは終了いたしました特典

ポストカード
※ご予約済みのお客様も対象となります。
※特典満了次第終了となります。

収録内容

野宮真貴 渋谷系ソングブック
[ ]はオリジナル・アーティスト名
DISC-1
・東京は夜の七時 ※初収録音源 小西康陽による新録音 アーティスト名:野宮真貴と少林兄弟
・中央フリーウェイ ※初収録音源 Duet with ムッシュかまやつ [荒井由実]
・ウィークエンド Duet with クレモンティーヌ [ピチカート・ファイヴ/クレモンティーヌ]
・ぼくらが旅に出る理由 [小沢健二]
・月の裏で会いましょう [オリジナル・ラブ]
・ラテンでレッツ・ラブまたは1990サマー・ビューティー計画 Duet with カジヒデキ [フリッパーズ・ギター]
・大好きなシャツ(1990旅行大作戦) Duet with 渡辺満里奈 [渡辺満里奈]
・渋谷で5時 Duet with クレモンティーヌ & 鈴木雅之 [鈴木雅之]
・夏の恋人 feat. Smooth Ace [竹内まりや]
・或る日突然 Duet with 村井邦彦 [トワ・エ・モア]
・Love So Fine feat. カジヒデキ [ロジャー・ニコルス&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ]
・双子姉妹の歌 Duet with クレモンティーヌ [ミッシェル・ルグラン]
・男と女 Duet with 横山剣 from クレイジーケンバンド(日本語詞:小西康陽)[ピエール・バルー&フランシス・レイ]
・What The World Needs Now Is Love(世界は愛を求めてる 日本語詞:小西康陽)
Duet with コリーン・ドリューリー from "Swing Out Sister" [ジャッキー・デシャノン/バート・バカラック]

DISC-2 モーションブルー・ライブ音源
・ブルー・ヴァレンタイン・デイ [大滝詠一]
・大都会交響楽 [ピチカート・ファイヴ]
・ぼくらが旅に出る理由 [小沢健二]
・CM集(シウマイ旅情:崎陽軒~チェルシーの唄:明治製菓など)
・気分を出してもう一度 [安井かずみ/加藤和彦]
・おもて寒いよね [ダイナ・ショア&バディ・クラーク]
・甘い生活 [テイ・トウワ]
・上海的旋律 [野宮真貴/高野 寛]
・きみみたいにきれいな女の子 [ピチカート・ファイヴ]
・ピチカート・ファイヴ・メドレー
BABY LOVE CHILD~ベイビィ・ポータブル・ロック~HAPPY SAD~恋のルール・新しいルール~SWEET SOUL REVUE~東京は夜の七時



東京は夜の七時 c/w ハッピー・サッド(7インチ・シングル・レコード盤)
A面「東京は夜の七時」・B面「ハッピー・サッド」
・カラー盤仕様
・着せ替えジャケット付




オトナタワー関連情報はこちら