こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ファウスト&メルニコフによるモーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ・シリーズ第1弾!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年10月18日 12:00

ファウストとメルニコフ

ファウストとメルニコフによる、注目のモーツァルト・シリーズ第1弾の登場。どの作品も、キャラクターの描き分けが実に鮮やか。モーツァルトのソナタ・シリーズは、東京・王子ホールでも2017年10月に公演があり、その細やかなアンサンブルで絶賛されました。今回は、1778年11月にパリで出版されたK.306と304、そしてドン・ジョヴァンニ作曲中に書かれたモーツァルトの最後のヴァイオリン・ソナタK.526(1787年完成)という組み合わせです。

ニ長調 K.306は、このソナタが「ピアノとヴァイオリンのための」と正式には記されていることに納得の、ピアノが主となる部分が多い作品ですが、ファウストもメルニコフも絶妙なバランスを保ちながら対等に演奏しており、作品のもつエネルギーが存分に引き出されています。

ホ短調 K.304の有名な冒頭の、ファウストのすすり泣くような音色、第2楽章のメルニコフのソロなどは思わず涙のせつない美しさです。

イ長調のK.526は、モーツァルトの最後のヴァイオリン・ソナタ。輝かしい推進力に富む両端楽章にはさまれた、短調のかげりの濃い緩徐楽章は、少年時代に親しかった友人アーベルの訃報に心を動かされて作曲されたと考えられています。バッハを思わせるような厳格な書法も用いられている充実作です。

ファウストのヴァイオリンの音色の変幻自在な美しさと精確なテクニックはもちろんのこと、メルニコフの奏でるフォルテピアノのおそろしいまでの表情豊かさ、そして二人の演奏のすべてを見事にとらえた優秀録音にも圧倒されるモーツァルトです!
(キングインターナショナル)

モーツァルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ集 vol.1
・ソナタ ニ長調 K.306
・ソナタ ホ短調 K.304
・ソナタイ長調 K.526
イザベル・ファウスト(ヴァイオリン:
1704年製ストラディヴァリウス‘スリーピング・ビューティ’)
アレクサンドル・メルニコフ(フォルテピアノ:クリストフ・ケルン、2014年製/1795年製アントン・ヴァルター(ウィーン)・モデル、メルニコフ・コレクション)
録音:2017年8月