こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

リタ・オラ(Rita Ora)約6年振りの最新アルバム『Phoenix』

タグ : POP ICON ソウル/R&B

掲載: 2018年10月15日 09:09

Rita Ora

過去10年間で最も成功した英国のポップ・アーティストのうちの1人に数えられ、世界的ファッション・ブランドとのコラボや、モデル、テレビ番組の司会などタレントとしても人気を博すイギリスのおしゃれ歌姫、リタ・オラ。そんな彼女が、11月23日に2枚目となるスタジオ・アルバム『フェニックス』をAtlantic Recordよりリリースする!

今回リリースされるニュー・アルバム『PHOENX』には、これらの楽曲の収録が決定しており、ベスト・アルバムといっても過言ではないほどに豪華なセカンド・アルバムとなることが約束されている。またプロダクションには、スターゲイトやジュリア・マイケルズやDFAなどの面々も名を連ねている。

アルバムからの最新シングル「レット・ユー・ラヴ・ミー」は、新しい恋愛関係における女性の不安を表しているミッドテンポなポップ・ソング。彼女の今までの楽曲のなかでも最もプライベートな曲となっており、自身の愛されるべき弱さを堂々と見せつけた歌声を聴かせてくれる。心地よいシンセに優しいボーカルが加わり、デリケートなイントロと思わず踊りたくなるコーラスはリスナーの心を掴むだろう。

文字通り、満を持して送り出す自信作となる『PHOENIX』について、リタ本人はこうコメントしている:
「私は音楽を作っている時とパフォーマンスする時、最も解放感を感じるの。このアルバムは、利益とかじゃなくて、単に私が好き好んで作ったアルバムよ。だからこそ私のやり方で工夫することが大事だった。一緒に制作を手掛けてくれたみんなの愛と支えに心から感謝しているし、彼らのお蔭で本当に誇りに思える作品を作ることができたと思う。彼らこそ、私が心の底から何かを生み出せるように自由とスペースをくれたわ。制作は厳しかったけど、幸福感も感じさせてくれたわ。そしてなによりも『フェニックス』を誕生させるまでの全ての過程に感謝し、誇りに思っているわ。ファンのみんな、辛抱強く待ってくれてありがとう。また、いつも私の音楽を聴いてくれてありがとう。」

限界を知らず、変化を恐れない、常に100%全力投球なイギリスの歌姫、リタ・オラ。音楽によって全てが始まり、音楽を選んだことによってすべてた1000倍にも拡大していったと語る彼女の”(あくまで)現時点での最高傑作”、それが本作『PHOENIX』なのだ!