こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

カラヤン演出&指揮による1967年ザルツブルク音楽祭での『カルメン』ライヴ!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2018年09月14日 12:00

カラヤンの「カルメン」全曲ライヴ

カラヤンの指揮と演出で上演された1967年ザルツブルク音楽祭での「カルメン」は、豪勢な舞台装置のほか、主役級のバンブリー、ヴィッカースはもちろん、フレーニ演じるミカエラなど、細かな配役にまで当時理想的な歌手を惜しげもなく揃えた贅沢極まりない公演で、大成功を収めました。さらにこの舞台を元にオペラ映画が製作され、こちらも大ヒットを記録(ただし音声はウィーンでの録音)。またその映画で第2幕の酒場のシーンで挿入されていた、「美しいパースの娘」からの「ジプシーの踊り」と「アルルの女」からの「ファランドール」は、このライヴでも演奏されています。オーストリア放送に残されていたアーカイヴを、音楽祭の協力を得て慎重に修復とリマスターを行い、モノラルながらも当時の熱気を十分に感じ取ることのできる音に復刻されています。ブックレットには、当時のオフ・ステージ、オン・ステージの様子を記録した貴重な写真も豊富に掲載。
(ナクソス・ジャパン)

【曲目】
ビゼー:歌劇「カルメン」(全4幕) 1967年ザルツブルク音楽祭ライヴ
原作:プロスペル・メリメ、台本:アンリ・メイヤック、リュドヴィク・アレヴィ

【演奏】
カルメン:グレース・バンブリー(メゾ・ソプラノ)
ドン・ホセ:ジョン・ヴィッカース(テノール)
エスカミーリョ:フスティーノ・ディアス(バリトン)
ミカエラ:ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)
フラスキータ:オリヴェラ・ミリャコヴィッチ(ソプラノ)
メルセデス:ユリア・ハマリ(メゾ・ソプラノ)
スニガ:アントン・ディアコフ(バス)
モラレス:ロバート・カーンズ(バリトン)
レメンダード:ミレン・パウノフ(テノール)
ダンカイロ:ヨーン・ファン・ケステレン(テノール)
ウィーン国立歌劇場合唱団
ザルツブルク音楽祭少年合唱団、室内合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮、芸術監督)

【録音】
モノラル・ライヴ
1967年7月29日、ザルツブルク音楽祭祝祭大劇場

現在入手可能なカラヤン指揮のビゼー:歌劇『カルメン』をご紹介いたします!

(1)1954年 モノラル・ライヴ
【演奏】
ジュリエッタ・シミオナート(メゾ・ソプラノ/カルメン)
ニコライ・ゲッダ(テノール/ドン・ホセ)
ミシェル・ルー(バリトン/エスカミーリョ)
ヒルデ・ギューデン(ソプラノ/ミカエラ)
グラツィエッラ・シウッティ(ソプラノ/フラスキータ)
ウィーン国立歌劇場合唱団
ウィーン交響楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
【録音】
1954年10月8日、ムジークフェラインザールでのライヴ録音

(2)1963年 ステレオ・セッション
【演奏】
レオンタイン・プライス(ソプラノ/カルメン)
フランコ・コレッリ(テノール/ドン・ホセ)
ロバート・メリル(バリトン/エスカミーリョ)
ミレッラ・フレーニ(ソプラノ/ミカエラ)
モニク・ランヴァル(ソプラノ/フラスキータ)
ウィーン少年合唱団
ウィーン国立歌劇場合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
【録音】
1963年11月18~27日、ウィーン、ゾフィエンザール(セッション)

(3)当録音 1967年 モノラル・ライヴ
【演奏】
グレース・バンブリー(メゾ・ソプラノ/カルメン)
ジョン・ヴィッカース(テノール/ドン・ホセ)
フスティーノ・ディアス(バリトン/エスカミーリョ)
ミレッラ・フレーニ(ソプラノ/ミカエラ)
オリヴェラ・ミリャコヴィッチ(ソプラノ/フラスキータ)、他
ウィーン国立歌劇場合唱団
ザルツブルク音楽祭少年合唱団、室内合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮、芸術監督)
【録音】
モノラル・ライヴ
1967年7月29日、ザルツブルク音楽祭祝祭大劇場

(4)1967年 映像作品
【演奏】
グレース・バンブリー(メゾ・ソプラノ/カルメン)
ジョン・ヴィッカース(テノール/ドン・ホセ)
フスティーノ・ディアス(バリトン/エスカミーリョ)
ミレッラ・フレーニ(ソプラノ/ミカエラ)
オリヴェラ・ミリャコヴィッチ(ソプラノ/フラスキータ)
ウィーン国立歌劇場合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮、芸術監督)
【制作】1967年
1967年製作のオペラ映画。1966&67年のザルツブルク音楽祭における舞台上演をベースとしたもの

(5)1982年 デジタル・セッション
【演奏】
アグネス・バルツァ(メゾ・ソプラノ/カルメン)
ホセ・カレーラス(テノール/ドン・ホセ)
ジョゼ・ヴァン・ダム(バス/エスカミーリョ)
カーティア・リッチャレッリ(ソプラノ/ミカエラ)
クリスティーヌ・バルボー(ソプラノ/フラスキータ)、他
パリ・オペラ座合唱団
シェーネベルク少年合唱団
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
【録音】
1982年9月 ベルリン