こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパンによる美しいクリスマス・アルバム『きよしこの夜/BCJのクリスマス』(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2018年09月12日 00:00

BCJ

バッハ・コレギウム・ジャパンが、サントリーホールの「クリスマス・オルガンコンサート」に登場したのが2013年のクリスマス・イヴ。以来、鈴木優人の企画・構成・演出で、毎年この時期に同ホールで2017年までの5年間に渡り、楽しいクリスマス・コンサートが行われました。

今回のディスクには2013年から2017年までのコンサートで演奏された曲のなかから、選りすぐりのクリスマス・キャロルが収められています。これらのキャロルは、すべて鈴木優人の手による編曲。彼の作曲家としての手腕が冴え、いずれの編曲も原曲の美しさに、さらなる新しい魅力が添えられています。
そしてキャロルとキャロルの間には、フランスの作曲家ダカンによる素敵なクリスマス用のオルガン曲も収録されています。また「まぶねのかたえに」は2番が、「あめにはさかえ」は1番が日本語歌詞での歌唱ということも大注目です!クリスマスの大決定盤登場といえましょう。
音楽学者・加藤拓未氏による日本語解説付(歌詞対訳はつきません)。

サントリーホールのコンサートのために鈴木優人が編曲したキャロルの楽譜は2015年12月にショット・ミュージックより、合唱曲集『Bach Collegium Japan Christmas Carol Book』として発売されています。
(キングインターナショナル)

こちらもオススメ!
『きよしこの夜 ~ 古いクリスマスのための音楽とキャロル』

ジョルディ・サヴァールとモンセラート・フィーゲラスの娘であるアリアンナ・サヴァール。名フィドル奏者としても有名な、ノルウェー出身のペッテル・ウトランド・ヨハンセン。この2人の音楽仲間で結成された古楽アンサンブル「ヒルンド・マリス」による、北欧と地中海地方のクリスマスのための音楽集です。2018年6月15-18日、スイス、バーゼル、マイスプラッハ教会でのセッション録音。

『きよしこの夜/BCJのクリスマス』
【曲目】
1.「ことばは肉となった」【ソプラノ・ソロ】
2.ノエル第1番~ルイ=クロード・ダカン:オルガンのための新ノエル集から【オルガン・ソロ】
3.「いけるものすべて」
4.ノエル第2番【オルガン・ソロ】
5.「まぶねのかたえに」【2番歌詞日本語】
6.ノエル第3番【オルガン・ソロ】
7.「きよしこの夜」
8.「もろびと声あげ」
9.「まきびとひつじを」
10.「あめにはさかえ」【1番歌詞日本語】
11.「神の御子は今宵も」
12.キャロル・メロディ:『人里離れた飼葉桶のなかで』/『天なる神にはみさかえあれ』/『ディン・ドン ほがらかに』
13.ノエル第6番【オルガン・ソロ】
14.ノエル第7番【オルガン・ソロ】
15.「優しくも愛らしく」
16.ノエル第10番【オルガン・ソロ】
17.「ひさしくまちにし」
18.ノエル第12番「スイスのノエル」【オルガン・ソロ】
19.「ことばは肉となった」【三重唱】
【演奏】
バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱とソロ)(歌唱はアカペラ)
鈴木雅明(指揮)
鈴木優人(編曲&オルガン)
【録音】
2018年2月、3月、神戸松蔭女子学院大学チャペル[セッション録音]