こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

高橋ユキヒロ、ソロデビュー・アルバム『サラヴァ!』がヴォーカルを新録したスペシャルバージョンでリリース

タグ : オトナタワー

掲載: 2018年08月16日 13:00

更新: 2018年08月24日 17:00

高橋ユキヒロ



1978年6月21日に発売となった『サラヴァ!(Saravah!)』は坂本龍一の贅を極めたオーケストラ・アレンジが華を添えた、高橋ユキヒロのソロ第1作。
サディスティック・ミカ・バンドのメンバーである加藤和彦、高中正義のほか、細野晴臣、山下達郎、吉田美奈子等超一流ミュージシャンが総結集したジャパニーズ・シティ・ポップスを代表する名盤中の名盤。
坂本龍一が全曲の編曲に携わっており、まだコンピュータは無かったため、キーボードは全て手弾きでダビングされている。
後の高橋のニュー・ウェイブへの傾倒や、初期YMOのフレンチ志向の起点ともなる作品。
今作は当時のマルチ・テープから新たにミックスし、ヴォーカルを新録したソロデビュー・アルバムのスペシャルバージョンとなる。

 

さらに『サラヴァ!』最新リマスタリング盤が高音質UHQCDでの発売が2018年11月21日に決定。小池光夫により、オリジナル・マスター・テープから最新デジタル・リマスタリングが施され、初の高音質UHQCD仕様でリイシュー。

 


高橋幸宏 コメント
line
まだ僕が26歳だった時のソロデビュー・アルバム『Saravah!』。
当時のマルチ・テープが奇跡的に綺麗なまま残っていたおかげで、本当にかねてからの念願だったヴォーカルを全曲いまの僕の声で録り直すことができました。もちろん、オケの全てのバッキング・トラックは当時のままで。今更ながら、レコーディングに参加してくれた皆さんの演奏の巧さ(楽器、コーラス、その表現力)、教授のアレンジ等々、もう全てが素晴らしく、近年のハードディスクでのレコーディングにすっかり慣れてしまっていた自分にとって、40年前の同時録音の演奏は目からウロコでした。
ミックスダウン、マスタリングもきっちりやり直して、40年前の作品が、まさに、”今の自分”の作品になったと思う。
皆さん、是非聴いてやってください。

高橋幸宏

<CD収録曲>
1.VOLARE (NEL BLU DIPINTO DI BLU) / ボラーレ
(作詞・作曲:D.Modugno・M.Treppiedi・F.Migliacci)
2.SARAVAH! / サラヴァ!
(作詞・作曲:高橋ユキヒロ)
3.C'EST SI BON / セ・シ・ボン
(作詞:中原淳一 作曲:A.Betti・A.Hornez)
4.LA ROSA / ラ・ローザ
(作詞:高橋ユキヒロ 作曲:加藤和彦)
5.MOOD INDIGO / ムード・インディゴ
(作詞・作曲:D.Elligton・A.Bigard・I.Mills)
6.ELASTIC DUMMY / エラスティック・ダミー
(作曲:坂本龍一)
7.SUNSET / サン・セット
(作詞・作曲:高橋ユキヒロ)
8.BACK STREET MIDNIGHT QUEEN / ミッドナイト・クィーン
(作詞:高橋ユキヒロ、Chris Mosdell 作曲:高橋ユキヒロ)
9.PRESENT / プレゼント
(作詞・作曲:高橋ユキヒロ)