こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)、〈Capitol〉移籍第1弾となる5年振りの新作

タグ : ザ・ビートルズ

掲載: 2018年06月21日 15:24

更新: 2018年10月29日 13:30

ポール自身が描いた絵とタイトルを共にする『エジプト・ステーション』は、2013年にリリースされ世界のチャートを制覇したアルバム『NEW』以来、古巣とも言えるキャピトル・レコーズへの移籍後第1弾となる新曲によるフル・アルバム。

アルバムに先立ち6月21日両A面の先行シングル「アイ・ドント・ノウ」「カム・オン・トゥ・ミー」がリリースされた。「アイ・ドント・ノウ」は美しいピアノのイントロで始まるポールにしか作れないであろう、哀愁のドラマティックなミディアム/バラード・チューン、「カム・オン・トゥ・ミー」は、ライヴで絶対に盛り上がるであろう、胸の高鳴るキャッチーなロック・チューン。いずれもザ・ビートルズ、ウイングスを彷彿させるポールらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされており、アルバムの完成度の高さを予感させる。

アルバムのレコーディングは、LA、ロンドン、サセックスで行われ、1曲(*)を除きグレッグ・カースティン(アデル、ベック、フー・ファイターズ)がプロデュース。(*その1曲はワンリパブリックのライアン・テダー)

ポールはアルバム・タイトルについてこのように言っている。
「僕は『エジプト・ステーション』という言葉が好きだ。僕らがかつて作っていた‘アルバム’を思い起こさせる。『エジプト・ステーション』は1曲目の駅から出発して、それぞれの曲がまるで違う駅のようなんだ。そのアイデアがすべての曲の元になっている。それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている」

『エジプト・ステーション』というタイトルの発想に正しく、アルバムの曲は独特なトラベローグ(紀行映画)のような雰囲気を持つ。アルバムの最初と最後のインストゥルメンタル「ステーションI」と「ステーションII」の間、ポールはその場所や時をとらえ、リスナーをスムースに次の行先に運ぶ。

ザ・ビートルズ、アルバム『HELP!』の別テイク、別ミックス集『HELP ! Sessions』>>>

ザ・ビートルズ、「イエロー・サブマリン」7インチ・アナログ盤限定復刻>>>

ポール・マッカートニー、SHM-CD紙ジャケ&アナログ再発シリーズに『Wings Greatest Hits』他4タイトルが新たに登場>>>