こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ライ・クーダー(Ry Cooder)、待望のアルバム『The Prodigal Son』

掲載: 2018年03月14日 11:19

更新: 2018年03月22日 18:30

Ry Cooder

4度のグラミー賞受賞、名作映画「パリ・テキサス」や「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のサントラ等を手掛けたアメリカーナのレジェンドにしてスライド・ギターの名手、ライ・クーダーが待望のアルバムをリリース!米国だけではなく世界のルーツ・ミュージックに造詣が深く、ブルースやカントリー、ジャズのほか、ハワイアンやテックス・メックスなども取り入れた独自のスタイルで長きに渡り活躍。ヴィム・ヴェンダースやウォルター・ヒル監督作品の音楽にも携わっており音楽ファンだけでなく映画ファンからも人気を博している。約50年という長い音楽キャリアを通して米国だけではなく世界のルーツ・ミュージックを探求し多くのファンや、ミュージシャンに影響を与えてきたレジェンド、ライ・クーダー。 彼の最新アルバム『ザ・プロディガル・サン』はピルグリム・トラべラーズ、ザ・スタンレイ・ブラザーズ、ブラインド・ウィリー・ジョンソン、ブラインド・アルフレッド・リード、ブラインド・ルーズベルト・グレイブス等のカヴァーやライ・クーダーの新曲が収録されている。本作は黒人と白人のゴスペル教会音楽、魂の歴史、新鮮で現代的なサウンド、ライ・クーダーの素晴らしいヴォーカルとギターがぎっしりと詰まっている。今作はライ・クーダーと彼の息子でありドラマーのジョアキム・クーダーが共同プロデュースした作品。