こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

W.A.S.P.(ワスプ)、伝説のコンセプト・アルバム『The Crimson Idol』25周年記念版

タグ : ハードロック/ヘヴィメタル(HR/HM)

掲載: 2018年01月30日 15:32

W.A.S.P.

今日まで日の目を見ることがなかったオリジナル映画『The Crimson Idol』収録! 野望と陰謀、栄光と挫折が渦巻く、ロック・ビジネスの世界を舞台に繰り広げられる一大絵巻、その全貌が今明らかになる。

『The Crimson Idol』は“ジョナサン・アーロン・スティール”という架空のロック・スターを主人公とした物語が綴られたコンセプト・アルバム。今回のエディションは発売25周年を記念し、アルバムのリリース後、映画化を目指して数百時間分が撮影されたが、永らく製品化されることのなかったという曰く付きのオリジナル映画『The Crimson Idol』を収めたBlu-rayがまとめられている。

W.A.S.P.は1982年、ブラッキー・ローレスを中心にロサンゼルスで結成された。当初は「HYENA」と名乗っていたが、バンド名の評判があまりにも悪く、W.A.S.P.に変更。血糊や生肉、裸の女性を登場させるなど、凶悪凶暴なイメージを実践したステージングで80年代メタルを象徴するバンドとなった。彼らのステージは、デビュー前の1983年に3,000人収容のサンタモニカ・シヴィック・ホールを単独で超満員にするほどの評判となり、同年12月には噂を聞きつけたIRON MAIDENのマネージャーであるロッド・スモールウッドがライヴを視察、その場でマネージメント契約を結び、破格の契約金でメジャー・レーベルの「Capitol」と契約を果たすことになったほど。以来、幾度もメンバーチェンジを繰り返しながらも、現在までバンドは続いている。

1989年9月、4作目のアルバム『THE HEADLESS CHILDREN』のツアー終了後、相次いでメンバーが脱退、バンドはブラッキー・ローレスひとりとなってしまう。1990年4月、ブラッキーは自らが所有するフォート・アパッチ・レコーディング・スタジオでソロ・アルバムの録音を開始。彼はひとりでベース、リズム・ギター、キーボードを担当。リード・ギタリストにボブ・キューリック、ドラマーにフランキー・バナリとステット・ハウランドを迎えて完成されたのが、『ザ・クリムゾン・アイドル』だった。しかし、レコード会社からの提案により、最終的にW.A.S.P.の通算5枚目のスタジオ・アルバムとしてリリースされることになる。

『The Crimson Idol』は、ジョナサン・アーロン・スティールという架空のロック・スターを主人公に物語が進行するコンセプト・アルバムだ。野望と陰謀、栄光と挫折が渦巻く、ロック・ビジネスの世界が舞台となっており、ブラッキーの経験に基づいたリアルなストーリーが展開されていく、一大ロック・オペラである。

本作は英国や日本では1992年初夏にリリースされたものの、米国では1993年5月まで発表されなかった。そのせいか、米ビルボードではチャートインせずに終わっている。ところが、英国では爆発的なセールスを上げ、最高21位を記録。ノルウェー、スイス、オーストリア、スウェーデン、ドイツなどヨーロッパ各国でもヒットを記録した。もちろん日本でも高い評価を受けていた。アルバムを聴くとその辺の事情もよくわかるだろう。ドラマティックな構成とメロディ重視のヘヴィなサウンドは、明らかにブリティッシュ・ロック、ブリティッシュ・メタルからの影響を強く感じさせるものとなっている。加えてコンセプト・アルバムであるため、ラジオでのエアプレイが重要となる米国ではプロモーションし難い面があったのは仕方ない。

それでもこの作品がW.A.S.P.の最高傑作であることは間違いない。今回リ・レコーディングされたことにより、サウンド・プロダクションも現代的に進化し、作品の魅力が鮮明に伝わってくる内容に生まれ変わった。聴けば、あらためて何年経っても楽曲の素晴らしさは色褪せていないことに気づくだろう。このアルバムにはオープニング「ザ・タイタニック・オーヴァーチュア」からラストまで聴き手を強く惹きつけて止まないマジックがある。9分近い大作「チェインソー・チャーリー(マーダーズ・イン・ザ・ニュー・モルグ)」、10分を超えるラストの「ザ・グレイト・ミスコンセプション・オブ・ミー」など、時間の長さをまったく感じさせない見事な楽曲だと感じるはずだ。

今回リリースされるヴァージョンでは、映画と音楽をまとめて体験することが可能なだけでなく、オリジナルの『The Crimson Idol』に収録される予定だった4曲も追加されている。ブラッキーが描こうとした物語の全貌も明らかとなり、作品をより深く理解することの出来る最高のアイテムとなった。この25周年記念エディションによって、『The Crimson Idol』がロック史に残る傑作としてさらに評価を上げ、今後も語り継がれていくことは間違いない。日本語解説書封入/歌詞対訳付き/日本語字幕付き。

【メンバー】
ブラッキー・ローレス(ヴォーカル/ギター/キーボード/ベース/パーカッション)
ダグ・ブレア(リードギター/ヴォーカル)
マイク・デューダ(ベース)
マイク・デュプキー(ドラムス「ザ・ピース」以外)
フランキー・バナリ(ドラムス「ザ・ピース」)