こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

クリーム(Cream)の66~67年未発表スタジオ・セッション&ライヴ集『ANTHOLOGY Vol.1』

掲載: 2017年12月21日 17:19

更新: 2017年12月22日 09:00

CREAM

60年代後半のブリティッシュ・ロックからマーシャル・アンプ爆音のハード・ロックへ。サイケデリックに彩られながら、ニュー・ロックの変革の嵐の中をジミヘン、ZEPを先導し僅か2年半で散っていった伝説の3人組クリーム(Cream)。ファースト・アルバム『フレッシュ・クリーム』とデカンド・アルバム『カラフル・クリーム』という彼等の初期2作の制作過程を音で体験できるレコーディング・セッション音源を徹底的にこだわって収録した未発表音源シリーズ第1集。
公式発表アルバムとは全く違うギター・フレーズで構成される“猫とリス(Cat's Squirrel)”“スリーピィ・タイム”は試聴用に記録されたアセテート盤から奇跡の収録。盤おこしの常で針音が時折混じる音像ですが、スタジオ録音中のその一瞬でしか記録できない貴重なE・クラプトンのフレーズが堪能できる。“猫とリス”ではギター・ソロが別テイクで伴奏と一瞬リズムがずれる箇所があり、それが没テイクになった要因かもしれないが、クラプトンの手グセ丸出しのフレーズ連発でファンにはたまらないテイクとなるだろう。
また公式に今まで一切の別テイクが発表されていない“Take It Back”では、クラプトンがギター・パッセージを繰り出す炎の様なテイクで、何とこの収録前にはイントロのギター・フレーズの練習を繰り返しており、嬉しいことにそんな貴重な練習部分から収録されている。
“カラフル・クリーム”はR&Bの聖地アトランティック・スタジオで録音が行われ、ブッカーTが“サンシャイン・ラブ”をシングル・カットするよう勧めたりと数々の伝説が残されているが、そのセッションから世界初公開となる仮歌が入れられた“The Clearout”や、公式BOXでは1番が人為的にカットされてしまった「Weird Of Hermiston」のフル・ヴァージョン収録も実現!またライヴ・テイクも幾つか収録されており、“Stepping Out”は有名なストック・ホルム1967年3月3日公演からのライヴ音源となるが、今までマイナー・レーベルから発表された物は全てピッチ(テープ再生速度)が狂ったままのものではあったが、今回の作品では修正されての収録となっている。
クラプトンのギターが縦横無尽に駆け巡る、このゴキゲンなインスト・ナンバーが初めて正確な音程で聴けるようになった。ジャック・ブルースの低音ベースがウネリ、ジンジャー・ベーカーが重たいビートに暴力的にフィルをねじ込み、そこに一世を風靡したウーマン・トーンのギター・ソロで対抗するE・クラプトン。1曲目に収録されている大ヒット曲「サンシャイン・ラブ」は、ロンドン・レヴォリューション・クラブでのライヴ収録。まさに3人のインタープレイに火花が散る名演で、ヒストリー・ビデオなどにも偶に収録される事がありますが、ここにはイントロにアナウンスが被ったりする事のない貴重なクリーン・ヴァージョンが収録されいる。

【収録曲】(total 62'38")
01.Sunshine of Your Love (Revolution Club Live 1967)
02.Rollin' And Tumblin' (Early version)
03.Stepping Out  (Stockholm 1967 / pitch corrected)
04.Cat's Squirrel  (acetate version)
05.I'm So Glad (acetate version)
06.Sweet Wine (acetate version)
07.Sleepy Time Time (acetate version)
08.N.S.U. (Stockholm 1967)
09.The Clearout (vocal try-out take 2)
10.Take It Back (clapton's intro guitar try-out)
11.Take It Back (take 1 / Instrumental)
12.Weird Of Hermiston (take 2 / Complete version)
13.We're Going Wrong (Incl. Try-out intro jam)
14.Falstuff Beer Commercial (take 1/ Long version)
15.Toad (Early version, run-thru take)
16.Sitting On Top Of The World (Ricky Tick Club, 1967)
17.Spoonful (Ricky Tick Club, 1967)