こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

マシーン・ヘッド(Machine Head)、9枚目のアルバム『カタルシス』をリリース

タグ : ハードロック/ヘヴィメタル(HR/HM)

掲載: 2017年11月29日 11:02

Machine Head

またしてもマシーン・ヘッドは凄いアルバムを作り上げてしまった!ロブ・フリン率いるカリフォルニア・ベイエリア拠点のヘヴィ・メタル・バンド、マシーン・ヘッドの最新作がリリースされる。Nuclear Blast移籍第一弾となった2014年リリースの前作『ブラッドストーン・アンド・ダイヤモンズ』のタイトルは「地球で最もハードな音楽を演奏するバンド」としての決意表明をあらわしていた。その路線を突き詰め、さらなる進化を遂げた最新通算9作目となるのが、この『カタルシス』である。

レーベル移籍後2作目となる本作の特徴は、楽曲の簡素化である。これまで6分~8分台の曲が多かった彼らだが、今回は全体的にコンパクトにまとめられている。とはいえ、スラッシーに刻まれるリフ、独特のうねりを持ったグルーヴ、キャッチーなメロディはまったく変わらず。静と動、緩と急のコントラストが絶妙なバランスで配合されており、随所に彼らの楽曲構成力、作曲センスの感じられる作品に仕上がっている。ロブ・フリンの衰えをみせることのない音楽への情熱に胸が熱くなると同時に、必ずやヘヴィ・メタルのカタルシスが得られるであろう充実作。またしてもマシーン・ヘッドは凄いアルバムを作り上げてしまった!

プロデュースは前作同様、ロブ・フリン。レコーディングはカリフォルニア州オークランドのSharkbite Studiosで行われ、レコーディングとミックスはエクストリーム・メタル系の作品を数多く手掛けているZack Ohrenとロブが担当した。マスタリングは世界最高峰と言われるニューヨークのSterling Soundにてチーフ・エンジニアのテッド・ジェンセンによって行われた。強烈なインパクトを放つアルバムのカバーアートは写真家のSeanen Middletonが撮影したものが使用されている。

【メンバー】
ロブ・フリン(ヴォーカル/ギター)
デイヴ・マクレイン(ドラムス)
フィル・デンメル(ギター)
ジャレッド・マクエイカーン(ベース)

【日本語解説書封入/歌詞対訳付き】