こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

〈2016年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉真舘晴子[Vo,Gt](The Wisely Brothers)編

カテゴリ : キャンペーン

掲載: 2017年01月13日 14:00

The Wisely Brothers

 

USインディーと下北沢ロックの折衷感、そして舌足らずなヴォーカルが良い3ピース・ガールズ・バンドのセカンド・ミニ・アルバム。曲が進むにつれてダイナミズムを増す"メイプルカナダ"、〈スイカの種はいまごろ心の中で発芽して〉というギョッとする歌詞にふんわりしたコーラスが乗る"八百屋"(東京カランコロンのいちろーがプロデュース)など、前作に比べてキャッチーで瑞々しい。〈タワレコメン〉選出にも納得の一枚。
bounce (C)田山雄士

 

The Wisely Brothers「鉄道」

 

▼選盤テーマ:2016年、一番聴いたCDは?

Frankie Cosmos『ネクスト・シング+フィット・ミー・イン』

リズミカルなドラム、でもいきなりテンポの変わる自由な歌が好きで何度もきいた一枚。彼女の声には、他にない絶妙な気持ちの入り方があって次回作も、その次も楽しみでしかたがないです!

Frankie Cosmos "Is It Possible / Sleep Song "

 

▼選盤テーマ:2016年、一番気になったアーティストは?

Tops

ある日リハーサルサタジオでメンバーとyoutube内を色々と探していたときに出会ったカナダのTOPS。去年来日していた時に見れなかったのが悲しいです。きれいな声とコーラスと飛んだりうつ伏せになったりするギター。たまに焦ってしまう私はこの人たちをきくとなぜか落ち着く。

TOPS - "Turn Your Love Around "

 

▼2016年印象に残った出来事は?

THE BEATLESのドキュメンタリー映画の最後に上映されたロンドンのアップル社屋上のライブ映像で、世界的に人気だった彼らが大人になり髭や髪を伸ばしたり分厚いコートを着て歌っていた歌。外の空気は冷たそうなのに音が鳴った瞬間あたたかく、そしてとても繊細で、音楽とはそういうものだ、と改めて感じました。

 

▼リリース&ライヴ情報

2017年1月11日 発売 7inch アナログ 「メイプルカナダ」
LAEP-1006  ¥1500(税込)

2017年1月19日(木) TSUTAYA O-nest
メイプルカナダ7inchアナログ発売企画「ブルーベリー急行」
出演者 王舟 ニカホヨシオ & the SunRaTans 
DJ beipana

HP : http://thewiselybrothers.tumblr.com
TWITTER : @WiselyBrothers

 

2016年アーティストが一番聴いたCD