こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

テスラ、名作『メカニカル・レゾナンス』30周年記念ライヴ・アルバム

タグ : ハードロック/ヘヴィメタル(HR/HM)

掲載: 2016年08月22日 14:44

Tesla

 

1986年、デビュー・アルバム『メカニカル・レゾナンス』を引っ提げて、カリフォルニア州サクラメントから登場したテスラ。当時、主流だったポップ・メタル勢とは一線を画すようなブルースやソウルフルなテイストのあるメロディックなハード・ロックが注目を集め、アルバムは全米だけで100万枚を超えるセールスを記録する。その勢いに乗ってリリースした2ndアルバムの『ザ・グレイト・レディオ・コントラヴァーシー』(1989年)からバラードの「ラヴ・ソング」が全米シングル・チャート最高10位にランクされ、バンドは大ブレイクを果たす。

1990年に、当時としては珍しかったアコースティック・セットによるライヴを実施し、その様子を『ファイヴ・マン・アコースティカル・ジャム』(1990年)としてリリースすると、これが全米チャート最高12位、シングルの「サインズ」が全米最高9位に入るヒットを記録。90年代にMTVアンプラグドが盛り上がるきっかけを作ることになる。さらに3rdアルバムの『サイコティック・サパー』(1991年)を全米チャート最高13位に送り込んだ後、時代の変化に合わせて、ヘヴィな要素を入れた4thアルバムの『バスト・ア・ナット』(1994年)をリリースしたものの、活動に行き詰まったバンドは1996年に解散を選択する。

2000年に再結成した彼らは、復活作の『イントゥ・ザ・ナウ』(2004年)、6thアルバムの『フォーエヴァー・モア』(2008年)、7thアルバムの『シンプリシティ』を発表する一方で、カヴァー・アルバムやライヴ・アルバムもリリース。その間に2007年には『LOUD PARK 07』にも参加するなど、精力的にライヴ活動も行なっている彼らが、デビュー作の『メカニカル・レゾナンス』のリリース30周年を記念して『メカニカル・レゾナンス』を全曲プレイしたライヴ・アルバム『メカニカル・レゾナンス・ライヴ』を完成させた。

現在のテスラはジェフ・キース(vo)、フランク・ハノン(g)、ブライアン・ウィート(b)、トロイ・ルケッタ(ds)、デイヴ・ルード(g)の5人(オリジナル・メンバーのトミー・スキーオは2006年に脱退)。収録されたライヴは「ロック・ミー・トゥ・ザ・トップ」でスタートしているように、アルバムの曲順通りプレイする、いわゆる完全再現ではなく、彼らがライヴを盛り上げるためにプレイしやすい曲順で演奏されているのがポイントだ。中にはもう何年もプレイしていない曲もあるということで、バンドもプレイすることを楽しんでいることが伝わるような作品に仕上がっている。

さらにボーナス・トラックにはかつて同じマネージメントに所属し、『メカニカル・レゾナンス』リリース時のテスラと一緒にツアーをしたことのあるデフ・レパードのフィル・コリンが提供した楽曲「セイヴ・ザット・ゴッドネス」を収録。デフ・レパードとテスラがミックスしたような興味深いトラックになっている。

『メカニカル・レゾナンス』がリリースされてから30年。この『メカニカル・レゾナンス・ライヴ』は、『メカニカル・レゾナンス』がいかに充実した作品であったかを再確認できるだけでなく、テスラのライヴ・バンドとしての魅力も堪能できるアルバムだと言える。