こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

fox capture plan参加!★STAR GUiTAR待望のアルバム『Wherever I am』発売!

カテゴリ : キャンペーン

掲載: 2015年08月19日 15:28

★STAR GUITAR

 ★STAR GUiTAR:2010年8月にリリースされた、デジタル・デビュー・シングルで大手配信 ダンス・チャート2位獲得して以降、リリースする作品は、どれも大手配信チャート上位を独占。2011年1月にリリースされた1stアルバム『CarbonCopy』、2011年8月リリースの再構築盤『Blind Carbon Cop』の2枚のアルバムが、新人としては異例のスマッシュ・ヒットを記録したことで、DE DE MOUSE や中田ヤスタカ、Taku Takahashi、RAM RIDERといったビッグ・ネームと次々共演し、ageha やROCK IN JAPAN FESといった大舞台にも立つなど、その注目度の高さを見せ付けている時代の寵児。2013年リリースの3rd album『Planetary Folklore』に続く、2014年リリースの『Schrodinger's Scale』は、CD不況と言われる中、1万枚を超えるセールスを記録し、シーンにその存在感を知らしめた。そして2015年8月、★STAR GUiTARの新章の幕開けとなる、待望の4thアルバム『Wherever I am』がリリースされる。

H ZETT M やMELTEN (JABBERLOOP, fox capture plan)ら豪華なピアニスト陣の参加で話題を集めた、コンセプト・アルバム『Schrödinger's Scale』が、1万枚を超えるロングラン・ヒットを記録し、シーンにその存在感をアピールした★STAR GUITAR。常に新たな音楽的要素を吸収&昇華し、ダンスミュージックの新たな形を提示し続ける彼から、待望の新作が登場!『Wherever I am』と名付けられた本作には、fox capture plan のバンド名義で、そしてエレクトロニカ・シーンの若手の中でも抜群の知名度を誇るLASTorderの2組が今作に参加。

 

今回のアルバム。すごく悩みました。今までの★STAR GUiTARのイメージ、音像とは違うんじゃないかって。悩みに悩んで、、辿り着いたのは僕が作れば僕の音楽じゃないかと。なによりそれが全てじゃないかと。そして、そういう事に悩んでる人って他にもいるんじゃないかと。その基本に気づけた事によりタイトルが決まりました。『Wherever I am』どこにいても僕だし、君だし あなたなんです。
(★STAR GUiTAR)

 

 

★STAR GUiTAR自身による全曲解説

01. Everyday is a new day

前作のSpecial Ordinaryに近いものがありますが、いつだって今日は新しいはじまり。サウンドはオーケストラのチューニングをエディットしていったもの。既存のものを変化させていく。昨日より少しだけ変えてみる。そうすると昨日見えなかったものが見えてくるんじゃないかな。

02. Be The Change You Wish

あなたの願うあなたになる。
もう、まさにそう。それ以上でも以下でもなく。この言葉それだけでいいんじゃないかな。今までではあり得ないポロポロとピアノを弾きながら作っていきました。美しすぎるコーラスは盟友halyosyによるもの。

03. The Curtain  Rises feat. fox capture plan

前回のRise In Revoltからの流れでメルテン君だけでなくてfox capture planの3人と。
バンドとしてfeat.するのは★STAR GUiTARとしては初めて。圧倒的な躍動感と高揚感。
幕開けにふさわしいと思います。あれ?前回のタイトルにも今回のタイトルにもRiseって入ってるよね?あれ?fox capture planの曲にもRiseってつく曲あるよね?あれ?あれ?
04. Journey to Nothing

旅をしたいなって。目的がない。どこへ向かうのか。たどり着く場所は何処なのか。何もなくてでも全てあって。そんな場所。でも圧倒的に美しい場所。

05. I Spell You

今日もひとつずつあなたを綴りながら明日を迎える。そしてそれがずっと続けばいいな。そしてヒップホップとメランコリックのエッセンスを少々。

06. detour feat. LASTorder

以前からLASTorder君は大ファンで。ずっと一緒にやりたかった一人なんです。和音の響かせ方とか自分と勝手に共通点があると思ってて。セッションだけどひたすらメールのやり取りで。リミックスのような、リアレンジのような。遠回りするけど意味のある遠回り。

07. One more thing

最初のテーマはButterflyEffect part2(笑)何かひとつ変わると世界は変わる。曲のラストで美しく響くメロディー。これ最初からなってるんだよね。和音の違いでこんなに変わるのかと自分でもニヤッとしてしまった。

08. knowledge

知識は財産でそれは使うことに意味があって。和楽器を使ってfuture bass。今回全体のテーマでもあるんだけど、極力繰り返さない。展開をするってのもこの曲にも現れてます。ループミュージックから外に出てみたらこんなことに。なんて楽しいんだろう。

09. Mind Float

ずっと完結させたかったMindシリーズ。「Mind Trip」 、「Mind Surf」 ときて「Mind Float」。ようやく完結です。曲も自分も年月を重ねて深みが増してるはず。でも漂ってます(笑)

10. before dark

暗くなる前が一番暗い。その瞬間を切り取ったイメージ。ひたすら淡く。

11. inherit
そして受け継がれていくのです。