こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

大森一樹監督名作『ヒポクラテスたち』初BD化記念、80年代を中心に邦画特集

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 映画 青春映画 初DVD/Blu-ray化 MOVIEリイシュー リイシュー 勝手に!?映画祭

掲載: 2015年05月18日 13:28

更新: 2015年05月20日 11:17

ヒポクラテスたち

邦画ファン待望、1980年公開、若き日の大森一樹監督の、青春映画の傑作『ヒポクラテスたち』が初ブルーレイ化となった。

伝説の映画製作会社ATGで製作された、医学生の青春を描いた人間模様は、医学部卒業という異色の経歴の大森監督ならではの世界。主演は、古尾谷雅人、柄本明、伊藤蘭、小倉一郎、内藤剛志ほか。

続いて、井筒和幸監督の名を一躍ホットにした、こちらもATG映画『ガキ帝国』の初ブルーレイ化も発売される。

これを記念して、70年代後半から80年代のに、独自のムーヴメントとなった、若い才能を中心とし、インディーズムーヴィーの香りも保ったままで公開された、数々の傑作で現在、BD/DVD入手可能な作品をまとめて紹介。

大森一樹、井筒和幸もメンバーだった、当時の新進気鋭の映画監督たちによって設立された<ディレクターズ・カンパニー>の作品を中心に、両監督のほか、黒沢清、池田敏春、相米慎二、石井岳龍(当時は石井聰亙名義)、根岸吉太郎、のほか、森田芳光、大林宣彦、澤井信一郎、崔洋一、川島透、市川準といった同年代に新しい感覚の名作を残した俊英たちの作品も選出。邦画の新しい流れを作った、重要な作品群!