こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Mr.Children、2年7ヶ月振りのシングル『足音 ~Be Strong』

掲載: 2014年10月03日 11:37

Mr.Children

フジテレビ開局55周年の記念プロジェクトの月9ドラマ『信長協奏曲』に書き下ろした主題歌“足音 ~Be Strong”は、バンド・アンサンブルやコードの響き、ストリングス・アレンジメント、何よりこのバンドが鳴らす独特のグルーブ感がシンプルに力強く“Mr.Childrenの今”がダイレクトに伝わる作品。ロングラン大ヒットを記録した映画『青天の霹靂』主題歌“放たれる”はシングル用にリマスタリングして収録。そして今年の冬、街中に鳴り響くコーセー『ESPRIQUE』CMソング“Melody”はMr.Childrenの代表曲として長く愛され続けていくであろう名曲!

line

シングル『足音 ~Be Strong』を一足先に聴かせていただいたタワーレコード・スタッフからのコメントがこちら!

身体の中にすんなりと染みこんで離れない3曲。何かに突き動かされるように進むバンドサウンドに引き寄せられるロックバラード。立ち向かう人生の足音を誰かがきっと聴いているから、一歩づつ踏み鳴らして歩きだしてみよう。と力強いメッセージに包み込まれる1曲目。閉ざしていた記憶を辿りながら少しずつ開放していく想いをつづる2曲目。懐かしい!こんな曲待ってた!音楽を聴いて胸が躍る。この瞬間をいつも感じていたい。思わず口ずさんでしまう素敵なメロディーが響く3曲目。これぞミスチル。

広島店  岡 直幸

どれくらいこの時を待ち望んだ事だろう。実に13年振りに月9ドラマのタイアップとなったこの楽曲では、「夢見てた未来は それほど離れちゃいない」「今という時代は 言うほど悪くはない」と、希望に向かって歩いていく人々に確かな光を与える言葉を、桜井和寿が力強く歌い上げている。
不確かな日常の中に、音楽によって確かな灯りをもたらしていくMr.Childrenの新たな足音が、今この楽曲から力強く響いている。

ロジスティクス部 木村 悠介

ずっと待ち焦がれていたMr.Childrenの新作!!
タイトル曲“足音”はイントロが鳴った瞬間から彼らの音だ!とこれからの展開に胸の高鳴りを抑えることが出来ません!一音一音が力強く新たな息吹を感じさせるサウンドと、ひとつひとつの言葉にまた次の一歩を踏み出せそうな歌詞で、彼らの新しい足音にこれからも魅了され続けることを確信する作品です!
タイトル曲だけでなく全曲がさすがミスチル!と思えるニューシングル!!たくさんの人に聴いてもらいたい1枚です!

渋谷店 櫻間 里奈

表題曲である1曲目は、ただ単調な日々に退屈している人に聴いてほしい。明日から同じ世界が少し違って見えるほどの力を持った曲である。今作品収録の3曲に共通して言えるのがその世界観に引き込まれることだ。まるで自分のことを曲にしたような錯覚さえ感じる作品はMr.Childrenにしか生み出せない。トリプルA面でも良いほど深いメッセージを持った今作は常に新しい音を求めるMr.Childrenの足音が刻まれている。

アリオ仙台泉店 清水 麻瑚

待ってました!正直待ちくたびれました(笑)でもまたひとつ(いや3つ)心に光を差す楽曲が届きました。ドラマのために書き下ろしされたという“足音”は弱さの中にある強さを、“放たれる”は優しさの中にある強さを感じ、勝手な解釈ですが私はこの2曲を「足音=男」「放たれる=女」をイメージしてしまう。立ち止まることの意味を歩き出すことの喜びを噛みしめて背中を押してくれる、心を救ってくれるうた。それがMr.Childrenの音だとわたしは想います。

西武高槻店 富田 早織