こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

トランスアトランティック、待望のスタジオ・アルバム第4弾

掲載: 2014年01月30日 18:31

Transatlantic

 

アメリカのプログレッシヴ・ロック・シーンを牽引してきたキーボード奏者ニール・モーズの呼びかけに応じ大西洋を越えアメリカ、ヨーロッパの希有の才能が集結し結成された現代プログレッシヴ・ロック・シーンを代表するスーパー・バンド、2009年発表の『旋風』以来4年振りとなる待望のスタジオ・レコーディング・アルバム第4弾!

ニール・モーズ(kbds、元スポックス・ビアード)、ロイネ・ストルト(g,フラワー・キングス)、マイク・ポートノイ(ds、元ドリーム・シアター、ワイナリー・ドッグス他)、ピート・トレワヴァス(b、マリリオン)世界的成功を収めたビッグ・バンドを支えた地球最高レベルの演奏力を誇るスーパー・プレイヤーが一堂に会したプログレッシヴ・ロック・ドリーム・チーム。2000年のアルバム・デビュー以来、徹底した大作主義を貫き最高水準のシンフォニック・ロック・ワールドを創出してきた、その音楽性は健在!78分1曲だった前作とは異なり、新作は5曲収録フォーマット。それぞれにトランスアトランティックが培ってきたものを濃縮して反映させた絶対の自信作!

今回はニール・モーズの希望により、世界同時発売を実施。海外デラックス・エディションと同様のアルバムCD+ボーナスCD+DVDの2CD+1DVDフォーマットを採用。(ボーナスCDとDVDの内容は後送)日本盤のみCD部分バンドの音楽性と最高水準の演奏力の真髄を余すところなく伝えるため高音質CDフォーマット、HQCD仕様を採用。ジャケットも日本盤のみE式紙ジャケット・フォーマットを実現。