こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

スザンヌ・ヴェガ、7年振りのニュー・アルバム

掲載: 2014年01月08日 16:20

Suzanne Vega

児童虐待をテーマにした「Luka」や日本でもコーヒーのTVCMに起用された「Tom's Diner」の大ヒットで知られる社会派女性シンガーソングライター、スザンヌ・ヴェガ。デビュー・アルバム『Suzanne Vega/街角の詩』で、全英11位を記録し、続くセカンド・アルバム『Solitude Standing/孤独』は全英2位、全米11位という大ヒットを記録し、その透明感に満ちた淡々と語るようなヴォーカルは、シリアスで感性の鋭い知的なフォーク・ミュージックのルネッサンスが巻き起こるきっかけを作った。また2013年フジロックに初出演を遂げたことも記憶に新しい。

そんなスザンヌ・ヴェガが7年振りの新作『Tales from the Realm of the Queen of Pentacles』のリリースを発表した。本作に収録された楽曲は、それぞれがそれぞれの角度から、物質社会で生きることや、精神世界、そしてそれらがいかにして交差するのかについてのストーリーを描いている。ヴェガはアルバム全体のテーマについて「私の作品の多く、特にセカンド・アルバム(Solitude Standing)は、孤独がテーマになっていた。そしてこのアルバムは、繋がること、異なる精神が存在するということを歌っているの」と語っている。

ヴェガの清涼感ある歌声や、ソングライティングのセンスもさることながら、今作ではまわりをサポートする豪華なミュージシャンにも注目が集まっている。プロデューサーには、新作『The Next Day』など、長年に渡ってデヴィッド・ボウイの音楽監督を務めてきたジェリー・レナードを迎えている。またヴェガの長年のお気に入りであるマイク・ヴィセグリアをベースに、ドラムにはダグ・ヨーウェルを起用している他、デヴィッド・ボウイのバンドなどで活躍するゲイル・アン・ドーシー(ベース)とザッカリー・アルフォード(ドラム)も参加。

さらに、ピーター・ガブリエル作品への参加で知られ、一時期はキング・クリムゾンのメンバーになりその卓越したプレイで世界的に名を知られるベーシスト、トニー・レヴィン、Tボーン・バーネットお抱えのドラマー、ジェイ・ベルローズ、ボブ・ディランが重用するラリー・キャンベルは、アルバム全体を通してバンジョーやマンドリン、シンバルを演奏、デヴィッド・ボウイやB-52's作品で知られるドラマー、スターリン・キャンベル、ロンドン・チェンバー・オーケストラで首席トランペット奏者であるアリソン・バルサム、そしてバック・コーラスには、デヴィッド・ボウイ、ポール・サイモン作品で活躍しているジャズ・ボーカリスト、キャサリン・ラッセルが参加している。

line

ヴェガ本人に会えるミート&グリートにご招待!

スザンヌ・ヴェガの7年振りの新作発売と4月に行われるジャパンツアーを記念して、
新作「ペンタクルの女王の物語」(国内盤/BRC-406)をご購入いただいた方の中から抽選で、来日時にバックステージで本人に会えるミート&グリート招待&直筆サインをプレゼント。

A賞:1名様. スザンヌ・ヴェガ本人に会えるミート&グリートご招待
※本キャンペーンに当選して頂いてもライヴ入場券は付いてきません。
B賞:5名様. スザンヌ・ヴェガ直筆サイン色紙

店舗でも開催中!詳しくはご利用店舗までご連絡ください。

【抽選開催店舗】
タワーレコード渋谷、新宿、秋葉原、梅田マルビル、難波、梅田NU茶屋