こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

新世代ガールズ・ポップ大本命!シェール・ロイドが日本デビュー

掲載: 2012年10月13日 13:47

更新: 2012年10月13日 13:49

Cher Lloyd

UK西部の小さな町マルヴァーン出身のシェール・ロイドは、2010年、16歳でUK人気オーディションTV番組「Xファクター」に出演して4位を獲得。ファッションも音楽も個性的な独自スタイルを貫くシェールにスター性を見出した審査員のサイモン・コーウェルは、番組終了後、即レコード契約にサイン!Max Martin (アヴリル・ラヴィーン、ケイティ・ペリー)、 Red One (レディー・ガガ)、 Shellback (マルーン5)など豪華プロデューサー陣を迎えて制作されたデビュー・アルバム『Sticks + Stones』を2012年4月にリリース。ファースト・シングル“Swagger Jagger”が見事全英1位に輝き、アルバムも4位に!

さらにアメリカでは、アヴリル・ラヴィーンやPink!を見出したL.A.リードが一聴惚れし、会った翌日に自身がCEOを務めるEPICレコードと契約。先行シングル“Want U Back”は全米ラジオで紹介されるや否やいきなり100万ダウンロードを突破し、プラチナ・ディスクを獲得する大ヒット!

そして遂に、ここ日本でも、もはや社会現象となっている新ポップ・アイコンがデビュー!これはまさに、アヴリルやKe$haのデビュー時を彷彿とさせる超センセーショナル感!国内盤は、新曲を数曲含むアメリカ盤10曲に、ボーナス・トラックを6曲も収録した盛りだくさんの内容になっている。