こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

耳で聴いたピープル・トゥリー――(2)

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2011年01月05日 18:00

ソース: bounce 328号 (2010年12月25日発行)

文/岡村詩野、加藤直子、金子厚武

 

9  SUICIDE 『Suicide』 Red Star(1977)

シニカルでストイックで一見無機質で、でも静かな凶暴性を内在させているという点ではもっともゆら帝の本質に近いバンド。実際に、本作に収録された“Frankie Teardrop”をカヴァーしてもいるし、70年代後半のNYで活動しつつもパンク勢とはほとんどつるまないといったような孤高な姿勢も受け継がれていた!? *岡村

10  VARIOUS ARTISTS 『U.F.O.CLUB TOKYO JAPAN VOL.5』 CAPTAIN TRIP(2008)

店内の壁画を坂本が手掛けるなど縁の深い東京・東高円寺のライヴハウス、U.F.O.CLUB。ここはコンピ・シリーズ〈U.F.O.CLUB TOKYO JAPAN〉をコンスタントにリリースしており、これで5作目を数えるが、こちらのパッケージのトータル・デザインを坂本が担当している。ちなみにエンジニアは中村宗一郎。*岡村

11  OKAMOTO’S 『オカモトズに夢中』 ARIOLA JAPAN(2010)

カヴァー曲を多数披露している彼らだが、ここでは“美しい”をチョイス。淡々とした曲調が淡いサイケデリアを生んでいた原曲に対し、こちらは後半でバーストするエネルギッシュなアレンジで、ゆら帝が2000年代の終わりに描いた空虚感を埋めようとしているかのよう。ゆら帝カヴァーの正式音源は現在この一曲のみ。*金子

12  T.REX 『The Slider』 EMI(1972)

ファズ・ギターを多用したギター・サウンドや低音を出しすぎない乾いた演奏、意外と人懐っこくポップなメロディーなど、ゆら帝と共通する部分が多い。また、作品における音の質感においては前身であるティラノザウルス・レックスの、揺らぎのあるアコースティック・サイケからの影響も見て取れる。*岡村

13  オシリペンペンズ 『NEW ME』 こんがりおんがく(2010)

関西地下シーンとも繋がりの深い坂本は、かつてオシリペンペンズの作品に〈今の世の中に、こういう人たちが存在しているという事に何だかホッとした〉というコメントを寄せ、恒例だった年末のライヴにも彼らを招くなどお気に入りの様子。ペンペンズの独特な演奏や歌詞が生むサイケ感にも惚れたようだ。*加藤

14   NUMB 『NUMB』 Revirth(2002)

いまやビートメイカーとしても注目される存在で、DJ活動も多くこなしている柴田は、最近新たにNUMBとユニットを結成し(いまのところNUMB+いちろう名義で)、精力的にライヴなどを行っている模様。NUMBはエレクトロニクス、柴田はドラムスを担当しており、作品も間もなく完成するという噂も! *加藤

15  佐井好子 『タクラマカン』 Pヴァイン(2008)

くすんだ色彩の音世界と、輪郭をぼやかしたような歌、なのに凛として張り詰めたような空気——70年代の空気をいまの時代のものとしてアップデートし、ソフィスティケイトさせようとしたという意味で、このフォーク歌手が約30年ぶりに完成させた最新作は、ゆら帝にとってひとつのお手本になっていたかもしれない。*岡村

 

インタビュー