こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

THEY WERE THERE――かけがえのない4~5人目のメンバー

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2011年01月05日 18:00

ソース: bounce 328号 (2010年12月25日発行)

文/岡村詩野

 

 

プロデューサーの石原洋とエンジニアの中村宗一郎というレコーディングにおける鉄壁コンビ(いずれもバンド・WHITE HEAVENで活動を共にする)は、ゆらゆら帝国が残したもうひとつの〈功績〉であり〈作品〉でもあるだろう。このコンビでの仕事はこれに限らず、女性シンガーの朝生愛や盟友・栗原ミチオがサポートを務めるBORISなどがあり、特に近年の諸作をすべて託しているOGRE YOU ASSHOLEは、2人の寵愛(?)を受けて成長した。

また、自身のスタジオ=PEACE MUSICを運営する中村は、ゆら帝のライヴPAとしても〈音を汚す〉ような作業を担当するなど、彼らのラフで目の粗い音作りにおいて貢献した重要人物だが、彼単独での仕事もここ数年急増している。キノコホテルやSCOOBIE DO、渚にて、壊れかけのテープレコーダーズなどなどサイケ~ガレージ・ロック系を中心にエンジニアを務め、さらにあふりらんぽ『URUSA IN JAPAN』ではミックスを、山下洋輔トリオやEP-4などのリイシュー作品ではリマスタリングを手掛けたりと、関わった作品数は膨大だ。

 

▼関連盤を紹介。

左から、朝生愛の2007年作『カモミールのプール』(pedal)、BORISの2008年作『Smile』(DIWPHALANX)、OGRE YOU ASSHOLEの2010年のミニ・アルバム『浮かれている人』(バップ)、キノコホテルの2010年作『マリアンヌの憂鬱』(WAX)

インタビュー