こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

commmons: schola──「音楽の学校」夏期特別講座

カテゴリ : Exotic Grammar

掲載: 2010年10月04日 19:03

更新: 2010年10月05日 16:04

ソース: intoxicate vol.87(2010/8/20発行)

text:小沼純一(早稲田大学教授・音楽評論家)

scholaは、坂本龍一を中心に、音楽を旧来の枠組みから自由になって考え直し、学び直すという、長期にわたるプロジェクトです。これまでに、『バッハ』、『ドビュッシー』、『ラヴェル』、そして『ジャズ』、『ドラムズ&ベース』のCD&ブックレットがリリースされ、それらの座談会がNHK-FMでラジオ番組として放送され、
『バッハ』、『ジャズ』、『ドラムズ&ベース』はNHK-ETVでテレビ番組として放映されました。

次のリリースは、『古典派』、そしていよいよ『ベートーヴェン』です。クラシック音楽の象徴とも言えるベートーヴェンの音楽は、本当に素晴らしいのか?そうだとしたら、どこがどのように素晴らしいのか?神話化されたベートーヴェン像から遠く離れて、自由に考え直し、まったく新しい形で再発見することができたら…。

schola はそんな驚きを求めてやまぬ開かれた音楽の学校なのです。京都造形芸術大学にて7月に開催された特別講座の模様をレポートします。

次のページへ

インタビュー