こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

INTERVIEW(2)――どういうふうにびっくりしてくれるかな?

掲載: 2010年07月21日 18:00

更新: 2010年07月21日 18:21

インタヴュー・文/宮本英夫

 

どういうふうにびっくりしてくれるかな?

 

曲数は膨大にあり、「最初、総くん(山内)だけで100曲ぐらいあった(笑)。志村もいっぱい作ってた し」(金澤)というなかから厳選を重ねた全10曲。“Surfer King”などに通じる得意のマイナー調ロック・ナンバー“夜明けのBEAT”、一転して非常にキャッチーなシンセのリフとザクザクと刻むギターが楽しい ポップ・チューン“Bye Bye”、思い切り明るく突き抜けたテクノ・ポップ“Hello”、加藤が詞を書いて山内がとてもきれいでピュアな歌声を聴かせる明るいポップ・ロック “会いに”、妖しく攻撃的で疾走感に溢れた“パンチドランカー”など、全体の約半数を占めるアップテンポでキャッチーかつ抜けの良いポップ&ロッ クな楽曲は、まさにパワー・ポップの快感に満ちている。そこが中心にあるからこそ、“君は僕じゃないのに”“眠れぬ夜”といったクラシカルなピアノ・バ ラードの素晴らしさもいっそう際立ち、“wedding song”のような、おそらくフジファブリックの歴史上初めて〈完璧に幸せ〉な情景を歌った美しいラヴソングも生まれた(スタッフの結婚式のために作って 歌った曲だそうだ)。レコーディングが決して簡単なものではなかったことは想像して余りあるが、3人にドラムの刄田綴色(東京事変)を加えた演奏者と、エ ンジニアもスタッフも一丸となって作り上げた確かなバンド感がここにはある。

「“wedding song”は、こんなにわかりやすい曲をやったことがなかったんですけど(笑)。でもレコーディングしてみて、わかりやすいことはすごく音楽にとって大事 なことだなっていうふうに感じましたね。しかもすごく芯のあるメッセージで、大事な曲です。大変だったのは“会いに”で、志村が歌ったテイクもなく、みん なとせーのでやってるやつしかなかったのでどうしようかと思ってたんです。でも何としてもやろうという強い意志があったので、やることになりました。演奏 は基本的に一発でベーシックを録って、そこからダビングするんですけど、例えば僕がダビングする時には2人が見てくれたり、ダイちゃん(金澤)がやる時に はブースの外で2人が見ていて、〈いいんじゃない?〉みたいな。いわゆるプロデュースという感じではないですね。エンジニアも含めて、バンドでスタジオに 入って作ったという感じなので」(山内)。

志村のヴォーカルは自宅スタジオで録音されたデモやスタジオで録ったテイクも多数残されていて、クォリ ティー的にまったく問題はない。しかし、例えば志村がもっとも気に入っていたという“MUSIC”のヴォーカルを注意深く聴くと、少し語尾が揺れるところ があるなど、かつてない生々しさが随所に顔を出して、そのたびに胸がドキンと高鳴る。ただこの作品をどう受け止めるのかはリスナー次第で、メンバー自身に は感情を押し付ける気持ちはまったくない。

「リスナーの方にもいろんな思いがあると思うので、〈こう聴いてほしい〉というのは特にないんです。僕らは〈フジファブリックというバンドのニュー・アルバムが出来たぞ!〉という気持ちなので、みなさんもそんな感じで聴いてもらえたらいいなと思います」(山内)。

「本当に良いアルバムが出来たので、ぜひお手に取っていただければ。自分でも選べないぐらいイイ曲があるので、みなさんに好きな曲を見つけてくださいということですよね」(加藤)。

「志村に言いたいことですか? たくさんありますね。CDも無事できたし、〈僕らこういうの作ったけど、どういうふうにビックリしてくれるかな?〉って。感想が聞きたいですね」(金澤)。

今後のバンド活動については現時点では不明だが、どういう未来になろうとも、『MUSIC』の素晴らしさは変わらない。大きな仕事をやり遂げたメンバーに、最大限の感謝の言葉を贈ろう。

 

▼フジファブリックが参加した作品を紹介。

左から、2007年のユニコーンのトリビュート盤『ユニコーン・トリビュート』(ソニー)、2009年の ビートルズのトリビュート盤『LOVE LOVE LOVE』(EMI Music Japan)、2009年のTHE YELLOW MONKEYのトリビュート盤『THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』(ARIOLA JAPAN)

 

インタビュー