こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

LONG REVIEW――ミドリ 『shinsekai』

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2010年05月12日 19:00

更新: 2010年05月12日 20:18

文/鬼頭隆生

 

ミドリかつて「公衆トイレの〈FUCK〉という落書きほどパワフルな詩はない」と言ったのは佐野元春だったか。そんな話を思い出したのは、ミドリの新作『shinsekai』のアートワークを見たから。ここでは後藤まりこが初めて顔を出しているが、実はその身体には(ジャケには写っていないが)荒々しく〈どんぞこ〉と書き殴られている。それは一見極端なパフォーマンスだけど、後藤の表情や目線も合わさって、実に力強い表現になっている。

さておきミドリの新作は、バンドの豊かな音楽性・表現力がさらに大きく膨らんだ印象だ。冒頭の“鳩”は、ピアノと簡素なビートが中心のミディアムで、詞の舞台は大阪の〈新世界〉。思い出と妄想が溶け合い、キラキラ輝くような風景を後藤が穏やかに歌う。この感傷がミドリの表現の核なのかも……などとわかったつもりでいると、〈好きよ好きやよ好きよ!〉のフレーズが突進するハードコア・ナンバー“凡庸 VS 茫洋”でブッ飛ばされる! このパンク路線は“あたし、ギターになっちゃった!!!!!”などで健在だが、演奏はさらに過激かつアクロバティック! その一方で、以前のようなお祭りのお囃子的リズムは減少し、代わりに4つ打ちのビートを採り入れたり、ハジメがメイン・ヴォーカルを取ったり、緻密な音響構築を試みるなど、貪欲に表現の領域を広げている。後藤の歌詞もエキセントリックな表現だけでなく、そこに隠れていたひたむきで切実な想いが表出しているようだ。

バンドの音楽的冒険と、後藤の純粋さがスパークする、ミドリの新章がここに開かれた!

 

インタビュー