こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2010年01月13日 18:00

更新: 2010年01月13日 18:00

ソース: 『bounce』 317号(2009/12/25)

文/出嶌 孝次

2010年もエレクトロの旅

  勝手に終わったとか始まったとか言ってる人は、ただそういうキーワードを口にしたいだけなのだろう。ブームが去っただ何だと言われることもあるエレクトロだが、あなたがそう思うとしたら、それはサウンドのモデルチェンジやミクスチャーを繰り広げながら変化している運動体の、ある瞬間のある側面だけを切り取って見ていただけに過ぎないんだよ。エレクトロは同じような定型のサウンドじゃないし、例えそれをどう呼ばれようと構わないが、少なくともパーティーはまだまだ終わらない。

 そして、東京のクラブ・カルチャーを音楽やファッションの面から動かす真打ち=DEXPISTOLSも2010年代の幕開けと同時にスタートダッシュをかける。これまでにもブランドとして機能していたROC TRAXをレーベルとして本格的に始動させ、年明け早々に2タイトルを連続リリースするのである。いずれも詳細は下で個別に紹介しているが、ひとつはDEXPISTOLSが監修するROC TRAX CREWのブランニュー・トラックス、もうひとつはM.S.K.のフル・アルバムだ。すでにロック・フェスも含めた幅広いフィールドを蹂躙しているDEXPISTOLSだが、今後は彼ら以外のメンツにも要注目だってこと。しかもその後には、THE LOWBROWSなどのリミックスで知られるMYSSのアルバムも控えているというのだから恐ろしい……。この勢いをどう呼ぼうと自由だが、少なくともパーティーはまだまだ終わらないのだ。

▼DEXPISTOLSの参加作を一部紹介。

インタビュー