こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2010年01月13日 18:00

更新: 2010年01月13日 18:00

ソース: 『bounce』 317号(2009/12/25)

文/bounce編集部

エレクトロの好景気は続く……

引き続きエレクトロを軸にした動きは活発だったが、前年に躍進した80 kidzやTHE LOWBROWS、DEXPISTOLSらが順当に発表した作品は、一面的に捉えられがちなサウンドからの大きな変質を描いてみせていた。一方で、Ametsubやホテルニュートーキョーなどリスニング・ユースな作品がロングセラーを記録したのは、クラブ・ミュージックそのものやリスナーの成熟を物語るものだろうか。テイトウワや砂原良徳らヴェテランの良作も印象に残る。

Harp On Mouth Sextet
『Sound Garden』
 Imagined
〈雅楽+エレクトロニクス〉なんて一瞬身構えるかもしれないが、ハーモニカ音が渦巻くジャパネスクなサウンドは〈フジロック〉などで威力を発揮。熱狂のトランス状態を巻き起こした。ジャム・バンド勢とは一線を画すスタイルで、異色の存在感を放った有望株。*田中将

藤澤志保
『FUNKY☆GIRL』
 EAT
DJもレーベル運営もこなす女子トラックメイカーが、自身のヴォーカルも解禁して臨んだ2作目。多幸感いっぱいのエレクトロニックな歌ものハウスを揃えており、クラブ界隈よりも、むしろPerfume以降のダンサブルなJ-Popに通じるキャッチー具合が痛快だた。*澤田

2MUCH CREW
『BUBBLE YOU』
 WORD IS OUT! 
東京地下シーンの最終兵器がついに重い腰を上げた! 激フレッシュなローファイ・エレクトロ・ヒップホップは驚くほどスカムなのに、最高にポップでファンキーで、涙が出るほどカッコイイ。彼らがCDを出したこと自体が2009年の事件というか、奇跡というか……。*田中将

TOWA TEI
『BIG FUN』
 hug columbia/コロムビア 
ブラコンやエキゾなど、自身の血肉となっている要素を縦横無尽に操り、黎明期のクラブ・ミュージックが持っていた〈何でもアリ〉な空気を取り戻してみせた回春盤。世の潮流に色目を使うことのない自由なスタンスでもって、相も変らぬ唯我独尊っぷりを貫いた。*澤田

Ametsub
『he Nothing of The North』
 PROGRESSIVE FOrM/Third-Ear 
PROGRESSIVE FOrMの電子音楽家による2作目は、ピアノ主体のノーブルな旋律と躍動感のあるビートを絡め、エモーショナルな音絵巻を展開。オーガニックな作品が増えているエレクトロニカ界において、テクノな質感を重視した音で異彩を放った。*澤田

インタビュー