こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

EPILOGUE――ルーツ盤よりアヴェンズを解体(3人共通編)!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年12月02日 18:01

更新: 2010年01月17日 15:08

インタヴュー・文/土田真弓

 

――素晴らしくオチをつけていただいたところで(笑)、3人の共通の盤を教えていただきたいのですが。

太郎「REACH……ですかね(笑)。さんざん推してるんですけど(笑)」

稲見「コピーしてたっていうのがあるからね」

――もともとはメロディック・パンクのカヴァーから始まったんですよね?

太郎「そうですね。盤としては三角ジャケの『TRICHROMATIC』とか」

長谷川「猿のジャケのやつはなんて言うの?」

太郎「『A DISK FULL OF SIGNS』」

稲見「あのジャケもピクシーズからですもんね。なんか、思い入れがあるって言ったほうがいいんですかね。いま、自分たちの曲に反映されてるかはよくわかんないです(笑)」

 

■3人共通で選ぶ1枚

REACH『TRICHROMATIC』トイズファクトリー(2000)

現toeの美濃隆章や柏倉隆史が所属していたメロディック・パンク・バンド……だが、以下で稲見が語っている通り、確かなテクニックをもとにして次第にポスト・ロックの匂いも纏わせていった4人組。2003年に自主レーベルから発表した『reach』を最後に、その足跡は途絶えている。「REACHはすごい変わったんですよ。途中からはエフェクターとかもすごい使い狂っちゃってて。曲も超長くなっちゃって、メロコアじゃなくなっちゃったんですね。そういうのを追っかけてコピーしたり、ホームページとかで〈(REACHのメンバーは)何聴いてんのかな?〉とか調べて、挙がってた盤を聴いたりしてました」(稲見)

 

――ほぼ確信を持って訊きますけど、太郎さんは今回みたいな話をし出すと、止まらない感じですよね?

太郎「俺は音楽の話をするのが、三度の飯より好きなんで(笑)」

――普段から、どんどん新しいものを聴いたりとか?


太郎「そうですね。試聴を必ずするんですけど、なかなかいいものが見つからなくて、ついつい古いのを買っちゃうっていうパターンが多いです。最近は、ついにピンク・フロイドを集めはじめちゃって(笑)。ジャケをパクッたりはしてるんですけど、良さがわからなすぎちゃって、『Dark Side Of The Moon』とか10回ぐらい借りてるんですよ。それでもわかんないから、もう買うしかない、って(笑)」

――よく考えると、今回はサイケな作品はほとんど挙がってないですね。マイブラくらいか。

太郎「ああでも、ビートルズの『Revolver』とかは大好きですよ。わりと、広く浅く聴いている感じで(笑)。やっぱり、どうしても(自分たちの音楽に)反映できないものもあるんですけどね」

――〈宇宙〉というキーワードで言えば、スペース・ロックというとサイケなものが多いですけど、avengersの宇宙感は、浮遊感というよりはもっとアグレッシヴにビッグバンが起こりまくっているようなものですよね(全員笑)。

太郎「(笑)そうですね」

――ご自分たちのそういった宇宙感を今後も突き詰めていく?

太郎「そうですね。ベートーベンの〈第九〉ってあるじゃないですか? あれってわりと、宇宙なイメージないですか(笑)? ビッグバンっぽいなって思うんですよね(笑)。そういう場面のBGMで使われてるからかもしれないですけど」

――宇宙を舞台にした映画でクラシックが使われることは多いですよね。

太郎「そうですよね。そういう感じが、最近ツボなんです(笑)。クラシックってすごいですよね、あれは。プログレの人たちって、クラシックがやりたかったのかな、とも思うし。ピンク・フロイドとかも、最初に主題的なメロディーが出てきて、アルバムのラストも同じメロディーで終わったりするんですよ。その中間にもちょくちょくその主題のメロディーっていうか、そういう曲が4曲ぐらい入ってたり。クラシックで言えば、〈展覧会の絵〉とかはそういう構成ですよね」

――そういう仕掛けは入れ込んでもおもしろいんじゃないですか?

太郎「やってみたいとは思うんですけどね。難解になりすぎないように(笑)」

――(笑)楽しみにしてます……で、話は尽きないのですが、実はそろそろタイムアップなんです……。

稲見「すみません(笑)!」

――予想以上にお話いただいて、ありがとうございます。続きはまたの機会に(笑)。

3人「(笑)ありがとうございました!」

インタビュー