こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

EPILOGUE――ルーツ盤よりアヴェンズを解体(太郎編)!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年12月02日 18:01

更新: 2010年01月17日 15:08

インタヴュー・文/土田真弓

 

――最後は太郎さんですね。

太郎「俺も4枚、5枚ぐらいは選びたいな、っていう感じなんですけど……いいですか(笑)?」

――(笑)どうぞ。

太郎「じゃあとりあえず1枚目は、ニルヴァーナの『In Utero』なんですけど。『In Utero』に限らず、ニルヴァーナ全般って感じなんですけど、ルーツとしては。当時は速弾きしたり、テクニックを見せ付けてなんぼみたいなスタイルが浸透していたと思うんですけど、俺はそういうギターは嫌いで。でもニルヴァーナは、テクニックじゃなくて原初のロックをやってる感じというか」

――より衝動的であったということ?

太郎「はい。テク至上ではなく、最初っからギターのコードのストロークで始まって、たいしたソロもなく、曲本意に作られてる感じが良かったというか」

――グランジ~オルタナティヴ・ロックのムーヴメントは、そういうテク至上的なシーンに対するカウンターでもありましたからね。

太郎「ああ、そうですよね」

――では、2枚目は?

太郎「どうしよう? じゃあマイ・ブラディ・ヴァレンタインの『Loveless』で」

――シューゲイザーの基本盤ですね。『Loveless』が誕生するまでを追った本「My Bloody Valentine -Loveless」は読みました?

太郎「読んでないです」

――あれ読むと、あのギターはホントに実験を重ねた末の発明だったんだな、って思いますね。

太郎「ああ~、はいはいはい。もはやどういうプレイをしてるのかもわからないですけどね。どれがギターなのかも(笑)」

――去年の〈フジロック〉は行きました?

太郎「観に行けなかったんですよ。レコーディングで」

――うちの部長は、どうやって弾いてるかをじっと観察していたようです(笑)。

太郎「(笑)」

――では3枚目を。

太郎「どうしよっかな~? じゃあプライマル・スクリームの『Xtrmntr』を」

稲見「俺もそれ、超入れたかった~」

太郎「(笑)ニュー・オーダーが出ちゃったからね」

――じゃあ、二人で1票入れます?

稲見「いいッス(笑)。俺はボビーが好きなだけなんで。容姿も声も、存在が大好きなんです。カッコいい」

 

■木幡太郎が選ぶ3枚

NIRVANA『In Utero』Geffun(1993)

早すぎる死をもって伝説となったフロントマン=カート・コバーンが率いたグランジの代名詞バンド。最後のオリジナル・アルバムとなった本作には、その鋭利なエッジがもっとも突き刺さっていたのはカート自身なのでは?と思わずにはいられない、悲痛なエモーションが渦巻いている。「その当時の典型的なロック・スタイルへの反発があったんで、ニルヴァーナはホントに鮮烈で。尖ってましたから(笑)。ロックにはヤバさもないとダメだなってなんとなく思ってたんで、あのヤバさというか、病んだ感じが(笑)刺さりました」

 

 

MY BLOODY VALENTINE『Loveless』Creation(1991)

このバンドについても、詳細は〈Di(s)ctionary〉を……。シューゲイザーと言えば、マイ・ブラディ・ヴァレンタインの本作というのはこれ基本。発明としか言いようのないドラッギーかつ官能的なギターを浴びることができる。「ニルヴァーナとかなり近い感じなんですけど、ニルヴァーナよりもっと簡素で、ホント、イントロとサビの繰り返しっていうか、最高にミニマルなスタイルじゃないですか(笑)。そのギターらしくないところがすごい好きだし、音楽の究極の形のひとつにも思えるっていうか。最高に削ぎ落とされてるけど、それで世界観が成り立ってるっていうのがすごい」

 

 

PRIMAL SCREAM『Xtrmntr』Sony(2000)

昨年は〈フジロック〉のヘッドライナーを務めた彼らに関しても、詳細はこちらの〈people tree〉を…… (決して手抜きではなくてよ)。『Screamadelica』に端を発したエレクトロニックなアプローチのひとつの到達点とも言える本作は、マシナリーなビートがダンサブルに炸裂する逸品である。「プライマルってなんか、男前なところがけっこうクローズアップされてる気がするんですけど(笑)、パロディー的なセンスがすごいなと思ってて。例えば1曲目の“Kill All Hippies”は70年代頃のカーティス・メイフィールドとかのファンク風というか、ソウル風な古い素材を現代の技術で調理するのがすごい上手い。裸にしたらまんまパクリなんじゃ……?っていうところもあるけど(笑)、上手く現代風のコーディネートをしているというか。『Xtrmntr』の場合は、なおかつアルバム通してメタリックなイメージで統一されていたりとか、あとクラブ・ミュージックとロックの中間っていう意味で、バンドのスタイルのひとつの参考にした作品ですね」

インタビュー