こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

2010年(代)のロック・シーンを掻き回すバンドはコレ!

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2009年12月02日 18:00

ソース: 『bounce』 316号(2009/11/25)

文/加藤 直子、金子 厚武、土田 真弓、冨田 明宏

THEクルマ
『エレキトリックの感染源』
 DIWPHALANX(2009)
人を小馬鹿にしたような(?)バンド名だが、音は無駄なく鋭くストレートに爆走するパンク・ロック。しかも初期ロンドン・パンクの煽情的で攻撃的な側面を継承しており、いまどき珍しくダムドやジャム、さらにはブルーハーツの影響も垣間見える。本作ももちろん良いのだが、彼らが本領を発揮するスリリングなライヴもぜひ観てほしい! *冨田

JAPAN-狂撃-SPECIAL
『This is なめんなよ』
 キューン(2009)
まるで漫画「特攻の拓」から抜け出したようなヤンキー・ファッションに身を包み、根性や気合いといった体育会系の精神論を伝播する80年代の申し子たち。現代ならではのステレオタイプな〈昭和風バンド〉。もっと言うなら横浜銀蠅に近いかも。ライヴでの気迫や突進力はかなりのもので、ラフィン・ノーズやギターウルフ的なノリも感じさせる。*冨田

Who the Bitch
『ミラクルファイト de GO! GO! GO!』
 DCT(2009) 
刺激的なバンド名や〈場末のキャバ嬢とジゴロ〉がコンセプトだというヴィジュアルも含めて、みずから猥雑な存在を演出している。直情的なノリのパンク・バンドでありながら、コンセプチュアルなグループと言えそうだ。ビジー・シグナルズのようなフィメール・パンクやビキニ・キルといったライオット・ガール系バンドの影響が強い様子。*冨田

毛皮のマリーズ
『Gloomy』
 JESUS(2009) 
ストゥージズやセックス・ピストルズなどの初期パンクをはじめ、ソングライターである志磨遼平の膨大な音楽ルーツを確信犯的に忍ばせる、という手法でロックンロールを体現する4人組。ともかく志磨のロック愛は凄まじく、本作ではビートルズを根底に置きながら、可愛さ余って憎さ百倍的な凶暴さで図太いサイケデリック・ガレージ・ロックをぶっ放している。*土田

壊れかけのテープレコーダーズ
『聴こえる』
 ハヤシライス(2009) 
ドリーミーな音色のオルガンとノイズ・ギターが作り出す、深いリヴァーブのかかったサイケデリックなガレージ・サウンドが、バンド名以上に大きなインパクトを与える男女ツイン・ヴォーカルの4人組。まるでグループ・サウンズのような清々しくポップなメロディーが醸し出すノスタルジーは、きっと若い世代へ新鮮に響くことだろう。*金子

マヒルノ
『ジェネリックミュージック』
 PERFECT(2009) 
キング・クリムゾンやピンク・フロイドなんて名前を躊躇なく使いたくなる、国も年代も飛び越えたプログレ・ナンバーの数々はまさに突然変異的! フランク・ザッパのような変態性の強いギターを聴かせる大竹康範と、Luminous Orangeのサポートも務めるベースの河野岳人を軸とした、ジャズやハードコアも呑み込むプレイヤビリティーの高いライヴも圧巻である。*金子

インタビュー